ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080224

目が覚めて玄関を出ると外は暗かった。
音もなく白い雪が空の闇から降り下りる・・・今冬何度目かの積雪の朝だった。

今日の結婚式は京都。ぼくは銀世界を見ながら電車に揺られる。そこから見える風景はまるで夢の中にいるように幻想的だ。

この日の主役、シンペイさんとユカさんはとにかく明るい。そして面白い。

雪の中、神社での結婚式。ふたりは「来てくれた皆に寒い思いをさせてしまって申し訳ない・・・。」なんて恐縮していたけれど、寒いのはふたりだって同じ事。それどころか、雪の中の厳かな式は誰の胸にも忘れられないものになるだろう。

挙式に続いて行われた披露宴は約100人が参加する盛大なものになった。ゲストひとりひとりのお祝いの言葉を聞いていると、シンペイさんとユカさんがどれだけ皆に愛されているかが良くわかる。
会場に笑い声がこだまする。100人の笑い声って、ものすごいエネルギーだ。外は雪が降り続いているのに、この会場は熱い空気が漲っている。

披露宴があって、二次会があって。この一日を猛スピードで駆け抜けた感覚だ。
二次会がひらいて、シンペイさんが言った。

“今から南禅寺に行って写真をとりたいんですが・・”

聞けば南禅寺は京都で生まれ育ったシンペイさんにとって、さまざまな思い出が詰まっている大好きな場所だそうだ。

“ぜひ行きましょう!”

ぼくたちはタクシーに乗り込み南禅寺を目指す。外はとっくに暗くなっていて、ひどく寒い。タクシーを途中で降りてそこからは歩く。ウェディングドレスの方にシンペイさんが自分のジャケットを掛ける。オトコマエやなあ~。ぼくは寒さで震えながらも感心する。

しばらく歩くと森閑とした闇の中にとてつもなく大きな建築物が目に入った。南禅寺の三門というらしい。闇の中、目を凝らしてようやくカタチを掌握することができた。
シンペイさんはこの場所で撮りたいと言う。

“わかりました。でもこの暗さだと三門がわからなくなってしまうかも知れません・・・。”

“三門がわからなくても良いんです。オレはこの場所が大好きだからここで写真を撮って欲しいんです!!”

その気持ちにしっかりと応えたい。

シャッターを切ると闇の中を鋭くストロボが光る。何度も何度も・・・。
「写ってくれ!!」と、願いをこめてぼくはシャッターを切る。

現像が仕上がってからじゃないと、この写真がどう写っているのか正直わからない。
だけど、たとえ背景の三門が暗くてもシンペイさんとユカさんの思いはしっかり写っているだろう。

そして、時間がたったいつの日かこの場所、太陽の下でふたりの写真を撮ってみたいと思う。


追伸、南禅寺の疎水前で撮った写真がしっかり写ってました。ヤッタアア!!

20080224.jpg

スポンサーサイト

20080222

ケープ・ライトを立ち上げてマル2年になる。

妻と僕と2人だけの、何とも心細い船出だった。(何といっても代表がこの僕なので頼りになりはしないのです。)

だけど時間がたって、少しずつまわりにスタッフが集まってきた。何をやるにしてもまわりに人がいるというのは心強いもんだ。お~良く来てくれたねアリガテイそこのみかん持って帰るか?なんて親戚のおっさんのような話ぶりになってします。なぜだろう。

たまに撮影の帰りに記念写真を撮ったりもする。一緒に仕事をした証として。
カッコを付けたりおバカになってみたり。
そんな写真を今回2枚掲載します。この写真以外にもうちの、かけがえのないスタッフはまだまだいます。また時間置いてご紹介できれば良いなって思ってます。ご期待ください!!



20080221.jpg


200802212.jpg


20080218

20080218.jpg


うちのリビングのテレビは4ヶ月前に映らなくなってそのままにしていた。

お金を掛けて修理に出せば良いだけの話なんだけど、しばらくテレビなしの生活を続けてみると、そんな雑音の入らない家の住み心地が、なかなかええやん♪、って思えてきた。
ニンゲンは家にテレビがなくても生きて行けるんだ。

そしてなぜだかテレビを処分して金魚の水槽をリビングに置くことになった。水槽を買って水をはって、あとは金魚を買いに行くだけ。

金魚の種類はよくわからないがひとり一匹ずつお気に入りの金魚を買った。

娘は自分の金魚に「ふりかけちゃん」という名前を付けた。
妻は自分が選んだ金魚に「ぶたまん」と名付けた。
そして、ぼくの金魚は「ぎゅうにゅう」・・・。

うちの家族のネーミングセンスのなさには正直ヘコむ。
ああ、おばかな3人。

でも、それでかまへん。
「ふりかけちゃん」と「ぶたまん」と「ぎゅうにゅう」は新品の水槽の中でのびのびと泳ぎ回っている。

ぼくたちは金魚の動きを眺めるだけで幸福な気分になる。

カワタ家の一員になった金魚さん、これからも仲良くしてくださいね!!

20080209

目が覚めた頃から雪が降り出し、見る見る積もり始めた。
妻と娘は大喜びで積もったばかりの雪を触りに外へと飛び出した。

そんな冬真っ只中の日、大阪なんばパークスでウェディングの撮影がありました。

都会の中、パークスの森も雪が舞い降りて真っ白。

結婚式を挙げるふたりもこの雪にはびっくりで「これは忘れられへん一日になります!」と喜んではりました。僕も「ちょっと雪の中に飛び出して写真撮りましょう!」なんて負けずに大はしゃぎ。こんな時は何歳になってもみんな子供に戻ります。

今日の花婿の職業は警察官。
披露宴では警察の礼服で登場。表情が一気に引き締まります。
そして左胸には赤いバラのブートニア。

聞けば、この礼服を着ることができるのは結婚式と退職の時、一生で二度だけだそうです。その貴重な礼服姿の写真イッパイ撮りましょう!

警察官がこんなに笑うんや!って思うくらいの笑顔。
花嫁さんもそれに負けない笑顔。

ぼくたちはファインダー越しに何度も目を合わせながら一日を過ごしました。

披露宴がひらいて外が暗くなった頃、ようやく雪は止んだものの、いつにも増して寒い夜。

だけどぼくの心はポカポカ。何だか天気とは反対の、あたたかな気分の一日。

20080204

20080203.jpg



「わたし実は雨オンナなんです」初めて会った打合せで花嫁のミサキさんはこう切り出しました。

結婚式を挙げるふたりにとっても、撮影する僕にとっても当日晴れるかどうかは気になります。

でも、気になってもどれだけ頑張っても天気だけは変えられません。

先日の入籍の撮影も小雨がちらついて「もしや・・・」の予感。

そして結婚式の一週間前。週間予報では雨マーク。毎日毎日、天気予報をチェックしてみても2月3日の雨マークは消えません。

ぼくとスタッフのカナイは「てるてる坊主」を作って予報が外れることを願いました。

だけど無常にも・・・。

だけど天気なんて関係なく、結婚式は盛り上がりました。会場に笑い声が響きます。ミサキさんは弾けるような笑顔満開。まるで太陽のよう。皆がその笑顔に惹き付けられます。

一方、花婿のタダシさん。クールな印象でしたが締めの挨拶では涙で声を詰まらすシーンも。ゲストの方々はもちろん、これには僕まで涙目になってしまいました。

雨は午前中で止み、おひらき後には日本庭園へ出て写真撮影もすることができました。天気は「晴れ」ではなかったけれど、笑顔と笑い声と涙が印象的な忘れられない節分の結婚式になりました。

タダシさんとミサキさんは今日からバリヘ新婚旅行へ出発します。今度こそ晴天に恵まれるよう、心より願っています!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。