ケープ・ライトのdiary

20090318

7時30分起床
7時40分洗濯
7時45分朝食

9時よりアトリエで仕事20通近く手紙書く。メール数通。
12時帰宅昼食。後WBCテレビで見る。日本負けて残念。

16時より再びアトリエへ。
スタッフ林が来る。一時間ほど打合せ。
19時30分お客様と打合せ。意気投合し2時間以上話す。
23時帰宅。少し遅い晩御飯。


そんなありふれた日常。
だがそこに忘れられない一つの事実がある

5時30分、次女誕生。母子ともに極めて元気。

その19文字のおかげでありふれた一日は、忘れられない一日に変わる。

2009年3月18日はそんな日だった。
スポンサーサイト



20090318

最高のモーニングコールだった。

7時18分。妻がかかりつけの産婦人科より。

「無事に生まれましたよ~」

その後電話口に妻・みわさんが

「もしもーし、生まれたんだよ」

「え・もう。もう生まれたん!?」

最初は事態に飲み込めないまま、しばらくして嬉しさがこみ上げてくる。

「やっ、やった~!!やった~!!よく頑張ったね~」

3時前に陣痛が始まり病院へ。それから約2時間後には生まれたらしい。とおのの時が16時間ほど陣痛が続いたのに比べると、超安産だ。すべてはぼくが夢の中にいた頃に起こった。

「楽勝やったなー」

「そんな訳ないやん!痛かったよ!!」

電話越しに聞くみわさんの声はいつもと変わらない気がするが、大きな仕事をやってのけたんだ。しかもぼくが寝ていたあいだに(笑)

きょうは最高の朝だ。新しい家族。新しい娘。これからもよろしくね。