ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100630

IMG_1304.jpg

IMG_1307.jpg

IMG_1316.jpg


ぼくは坂を登る。

近所の越木岩神社で夏越大祓という行事があるのだ。

夏越大祓というのは、半年間で体にたまった穢れをお祓いしてもらう行事で、大きな草で作った輪(茅の輪)の中を何度もくぐるというもの。
お祓いに興味はないけれど、涼しくなった夕方に外へ出るのは気持ちが良い。

ぼくたち家族と、タイスケくん、ユウタくん母子は坂を登る。

神社には1000人近い大人と子供が列になって神社の中をぐるぐる回っている。ぼくたちもその列に加わってぐるぐる。何回ぐるぐるしたか分からなくなった頃、宮司さんを先頭にした列は本殿でお参り。

それが済むと大人たちは御神酒を振る舞われ、子供たちはどんぐり飴とスマートボールの屋台で遊ぶ。何だか少し早い夏祭りに来たよう。

夏の夜はよっぽど楽しいのだろう。子供たちは屋台を囲んでいつまでも大騒ぎ。

久しぶりにゆっくりとしたこの日で、2010年の半分が過ぎた。




カワタヨウスケ





スポンサーサイト

20100630

09380036.jpg

09710015.jpg

09310026.jpg

先日、6月26日は サトルさん、メグミさんのウエディングパーティーでした。

打ち合わせのときにお二人は
「こんな写真みたことない!と言われるような写真を撮ってほしい」と。

そんなオーダーに河田さんのカメラマン魂は燃えていました。


しかし天気は雨。無情なほどの雨…。


でも雨なんてなんのその!
天気が悪いなんてまったく関係ない、最高の盛り上がりを見せたウエディングパーティーでした!☆★☆

テーマが「リサとガスパール」なだけあってそこら中にリサガスが♪
ウエルカムグッズ以外にも各卓にリサガス♪
リサガスの他に置かれていたお菓子の形のキャンドルたちはメグミさんの手作りでした!

そしてみんなを驚かせたのはリサガスとエッフェル塔をモチーフにしたウエディングケーキ。
めっちゃくちゃかわいい!!
これにはお二人も大満足していました♪

パーティーは、サトルさんのいとこのチカちゃんのかわいらしい乾杯とともに始まり、
余興の嵐。

サトルさんみずから踊る!
メグミさんだって踊る!

終始、サトルさんはメグミさんに「楽しいなぁ~♪」と話しかけていました笑


この日のメグミさんのドレスはnovleafさんのオーダードレスで、ウエディングドレス・カクテルドレス
どちらもこだわりのあるメグミさんにとってもお似合いのドレスでした♪
なんといってもカクテルドレスは真っ赤なフリフリのプリンセスドレスでリカチャン人形が着るようなキュートさ♪
女の子なら誰もが一度は憧れるようなドレスでかわいかった~!
姪っ子ちゃんがカワイイー!!!と叫びまくるほど♪♪


お二人の付き合いは高校時代から約10年ということで。
最後の挨拶で、サトルさんが「10年の夢が叶いました!」と言ったコトバがすごく素敵で感動しました。


あっという間に終わったパーティーはずっとみんなが笑っている本当に楽しい時間でお二人らしい結婚式でした♪

サトルさん、メグミさん、ありがとうございました!
いつまでも変わらないお二人でいてくださいね!



メーテル


09180020.jpg

09180003.jpg


20100626

こんばんは!メーテルです!

遅くなりましたが、タケベさんユキさん、ケーキと鯛ごちそうさまでした!
とってもとっても美味しかったです!!

なんて贅沢な晩ごはんなんだ…♪と思いながらお刺身の鯛をいただき、
なんて贅沢な朝ごはんなんだ…♪と思いながらレーズンたっぷりのケーキをいただきました♪♪

ありがとうございました!
アルバム、楽しみにしていてくださいね!




話は変わりまして、今日はこの話題一色ですね!
日本、デンマークに勝利!決勝トーナメント進出!

侍ジャパンおめでとう!

今日は教習所に行ったのですが、すぐさま先生に
昨日サッカー見た?と言われました。

見てません。と答えると非国民やなぁ。と言われてしまいました。

その先生は、当然徹夜で観戦し、今日は一睡もしてないだとか。
だから今日は変なテンションだったのか。

前はすんごくクールにバックの練習を教えられたのに。
今日の高速実習はものすごく楽しそうに喋り倒してました。

スポーツはこうも人を変えるのか…


つぎの試合はわたしも観戦してハイになろうかなぁと思います。


がんばれニッポン!侍じゃぱん!

20100620

DSC_5291.jpg

DSC_5284.jpg

DSC_5285.jpg

タケベさんとユキさんに会うのはちょうど1年ぶり。
結婚式以来のことだった。

結婚1周年記念となったこの日、おふたりは和歌山からアトリエに来てくださった。
ずっと決められなかったアルバムに収録すると写真が決まったということで見せに来てくださったのだ。

選ばれた写真をパソコンで見ると1年前の懐かしさがこみ上げてくる。

あたたかかった教会の方々、ちょっとおとぼけなお父様、会場背狭しと走り回っていた子供たち。
今眼の前に座っているタケベさんが感激して泣いていたのも昨日のように思い出される。

タキシードとウェディングドレスを纏ったふたりはとても輝いている。でも今眼の前にいる写真から1年後のタケベ夫妻も変わらないキラキラした瞳に仲の良い姿。ホッとする。

ふたりはサプライズのプレゼントを用意してくださっていた。
ユキさんの家庭的なやさしさには磨きが掛かっていて、手作りのケーキを用意してくださっていたのだ。
レーズンがいっぱい入ったケーキ。プンプン良い匂いがしてして、隣に座っているメーテルは眼を輝かせている。

そしてタケベさんが持参している場違いなクーラーボックスから出てきたのは生の鯛!
釣りが大好きなタケベさんが昨日釣ってきてくださったものだ。何とマイ包丁まで持参のチカラの入れよう。

「わあ、わぁ何するんですか?」

「いや、さばいている時間がなかったから・・・台所貸してもらえますか?」

驚く間もなく、アトリエの小さな台所で鯛の解体ショーが始まる。

手際よくうろこを取って三枚におろすまであっという間。マジックを見ているような感覚で鯛の姿造りが出来上がった。

「すごい、タケベさん板前ですやん!」

そう、自分で釣って自分で料理して
タケベさんは漁師兼板前の恐るべき才能を持っていたのだ。

「和歌山の民宿タケベへ遊びに来てね~」
と言い残してふたりは颯爽と帰って行った。

「いやあ、鯛置いて行きはった・・」

ぼくとメーテルはポカンと口を開けつつ、今日の晩御飯を想像してワクワクする。

この夜は鯛の姿造り、デザートにはユキさんの手づくりケーキと最高のご馳走となった。

タケベさん、ユキさん、ほんま遠いところありがとうございました。

民宿タケベ、絶対行きますね!!


カワタヨウスケ

タケベさんの結婚式のスライドショーはこちらから

20100619

DSC_5247.jpg

梅雨の合間の晴れた日になりました。

ヒロユキさんとアヤさんはそんな暑い日に、アトリエに来てくださいました。
5月下旬に結婚式を挙げれてた二人がアトリエに来られた理由は、アルバムに入れる写真を選ぶため。

その為に20分も歩いて来てくださったのです。
ヒロユキさんの手に持っていたペットボトルのジンジャーエールはほとんど空っぽ。「暑くなりましたね~」が挨拶代わりの言葉となりました。

そして早速パソコンの画面上で写真を見てゆきます。
初めてじっくり結婚式の写真を見た二人は

「こんな写真撮ってたんや」

「おれ、歯ぐき丸出しで笑ってたね」

「牧師さんがフクロウに見える」

なんて思い思いの感想を話してくださいます。

ぼくたちは結婚式の後、撮影させていただいたカップルにお会いする機会は多くはありません。だから率直な感想を生で聞けることに喜びを感じます。

ヒロユキさんとアヤさんが写真を見るポイントは、やはりお気に入りの表情やどの友人が写っているのかなど。ぼくたちカメラマン目線で写真を見ると「構図が」とか「光が」といった見方に偏りがちになりますが、原点は表情であったり、いかにご本人たちのこだわりが写っているかなど。
直接話せるとそのギャップを埋める良いレッスンになります。

色々お話をして嬉しかった事柄の中で、お二人はハネムーンの帰途のハワイの空港からパソコンでぼくたちが作ったご自身の結婚式のスライドショーを見てくださったというお話がありました。少しでも早く見たいという思いで、ハワイからアクセスしてくださったのです。国境をまたいでホームページを見ることができるのがwebの良いところで、ぼくは今まで海外からのアクセスがあるなんて思ってもいなかったけれど、思いもしなかったところでインターネットの利点を知ることができました。そして何より「早く写真を見たい!」と写真を心待ちにしてくださったおふたりの気持ちを嬉しく感じました。

3時間。さんざん、じっくり悩まれてアルバムに入れえる写真を選んでいただきました。
ふたりのこだわりを沢山聞けたので、暗室にもいつも以上に思い入れを持てそう。おふたりの暗室作業は同席したメーテルが担当予定。「しっかり焼け、メーテル!!」思わずハッパを掛けます。



日が暮れる前、お二人はアトリエを後にしました。日中の暑さはなく、爽やかな風とともにふたりの後姿は見えなくなって行きました。

アルバム完成はお盆の頃。最高のアルバムを作ります!!


カワタヨウスケ

ヒロユキさん&アヤさんの結婚式のスライドショーはこちらから

20100618

DSC_5231.jpg

ぼくはカメラマンながら、撮影がない時間に手作りで革のアルバム制作もしています。
少しずつ作り慣れてきて、縫い目も揃うようになり個体差も少なくなってきました。

革のアルバムを作っていて気がかりだったのが余ってしまった革の行方。安いものではないし、元は牛という動物の一部であった革。簡単に捨ててしまったのでは勿体なくもあり、牛に失礼な気もします。

先日、ふと思い立ってコンパクトデジカメのケースを作ってみました。
簡単に型紙を作って切り揃えた革を縫い合わせてホックを付ける。作りはシンプルそのもので3~4時間の作業で完成。長めのピッチの縫い目や、アルバムで使っている花柄を入れアクセントにしました。あと時間がある時に刻印を入れようと思います。

実際にカメラを入れてみるとこれが良い感じ。
いつも首から下げてアクセサリーにしたいと思える出来映えです。

今度は一眼レフ用のストラップを作ってみようと計画中です。


カワタヨウスケ


DSC_5237.jpg
フタの部分は加工していない縁を使って表情を持たせました

DSC_5238.jpg
ストラップを通す穴には縫い目を入れてアクセントに

DSC_5236.jpg
花柄も入れてみました。子供も大喜び!

20100615

昨日、実家から宅急便が届きました。

PA0_0098.jpg

もう時期も終わりの、実家の裏の竹やぶでとれたハチクの煮たものと
お父さんが育てた きゅうり、ナス、じゃがいも、玉ねぎ、
そして知り合いの人からいただいた空豆。

もりだくさん♪

お父さんは仕事を定年してから、畑仕事に精をだしてるようで。

さっそく昨日の夕飯に、空豆は塩ゆでして、玉ねぎとじゃがいもはスープにして
いただきました♪
PA0_0097.jpg
黄緑色がめちゃくちゃきれい~
ただ塩ゆでしただけやのにすごく美味しくて、空豆ってこんな美味しいものやったんやと知りました!

わたしの夢は、結婚したら田舎に引っ込んで、子どもと一緒に畑で野菜を育てて台所に立って
仕事から帰ってきた旦那さんに新鮮な野菜でつくったごはんを食べさせてあげることです♪

そのプランに、夏は空豆の塩ゆでを出すというのが追加されました♪

二十歳にしてはなんともきゃぴきゃぴしてない夢ですけど
これに共感してくれる素敵な人を探します!笑


あと、中に入っていた手紙のなかにこんなのも
PA0_0094.jpg
わたしの愛する愛犬たちの写真~♪♪♪
かわいすぎてデレデレしてしまう。


ちなみに、うちの母はことあるごとに写真を撮ります。

わたしはその母に影響されていまこうなってるのかも。


以上メーテルでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。