ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120523

_D3S4423.jpg

_D3S4549.jpg

_D3S4889.jpg

_D3S4986.jpg

_D3S5495.jpg

_D3S5609.jpg




静岡県の焼津でタケフミさん&ユウコさんのウェディングの撮影がありました。

焼津はタケフミさんの地元。今は東京在住のおふたりですが晴れ姿を大好きなお祖父さんとお祖母さんに見て貰いたいというタケフミさんの想いから焼津で結婚式を挙げることになりました。

おふたりが選んだ会場は四川飯店。文字通り中華料理屋さんですが、緑の木々の中に立つ一軒家でこの新緑の時期にぴったりの会場です。

この会場をユウコさんのセンスで手を加え、とびっきりの空間に模様替え。

ウェルカムボードやペーパーアイテム、メイクも全てがナチュラルでふたりが履いていたコンバースのスニーカーもキュートでした。

大切な人ばかり約25人が集まった結婚式。

挙式から子供たちはバージンロードも関係なく走り回り、大人たちも写真をバシャバシャ好きな場所から撮ります。(kissは短すぎるという理由から二度もさせられてしまいました!)

パーティーでも子供たちはいつまでも運動会のように走り回り、大人たちはゆっくり食事を楽しみます。
お祖父さん、お祖母さんもずっと楽しみにしていたこの日を、終始笑顔でした。

ふたりの人柄とセンスがどの場面でも感じられた楽しい1日でした。
タケフミさん、ユウコさんありがとうございました。

こんどは関西に遊びに来てくださいね♪


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらから

_D3S5684.jpg

スポンサーサイト

20120518





明日は長女とおのの7回目の誕生日。

きょうは1日早くお祝いでサイゼリアに行って来ました。
家族4人で好きなものを頼んでワイワイとした晩ご飯。

7年前を思い出します。

夜中に「破水した」という電話を受けて翌朝の始発の新幹線で福岡の妻の元へ行ったこと。

陣痛で苦しむ妻の背中をずっとさすっていたこと

じつはその時眠気をこらえるのに必死だったこと(前日は電話を受けた後眼がさえて眠れなかった)

そして長い時間が過ぎて午後6時過ぎ、娘がこの世に生まれた瞬間・・・
妻が産んだばかりの子を胸に抱いてナミダを流したこと。

いまでもその時の光景をよく思い出す。

悲しいときや、ちょっと投げやりになったときに
その光景はスローモーションのようにぼくの脳裏に再生される。

あれはもう7年前の出来事。

そして今、大きく成長した娘が眼の前にいる。

眼の前の娘2人と妻はぼくにとってかけがえのない宝物です。


河田洋祐


ケープ・ライトのホームページはこちらから

20120517


5月の土日は結婚式の撮影が続いていてなかなか家のことに目を向けることができない。
それで13日も夕方になった頃ようやく家に戻ってみたら、この日母のだったことに初めて気付いた。

「ああ、妻に何もプレゼント用意していない・・」
焦ったぼくは何をプレゼントしようか頭を巡らせた。

「やはり甘い物好きの妻のことだ。シュークリームかケーキでも買いに行くか」

と思い立ち、長女のとおのを「自転車の練習に行こう!」と誘い出す。
(時間を見つけてはとおのと自転車に乗って交通ルールを教えるのがこのところの日課になっている)

とおのとぼくは連れだって自転車で出掛ける。
目指すはケーキ屋さん。だがこれは妻には内緒。

「シュークリームが良いかな?」

「いちごが載ってるのが好きなんじゃない!」

なんて話しながら自転車をこぐ。


そして到着したケーキ屋さん。
張り切ってドアを開けて中に入ると・・・

ケーキ全て売り切れ・・

そりゃそうだ。もう時間は7時前。しかも母の日なんだからみんなケーキを買いに来たのだろう。


「なかったね・・・」
とおのはションボリ。

ぼくは必死で考える。
「どこかまだケーキを置いてるお店ってどこだろう・・・」

ひとつ思いついたのは、最近苦楽園口駅の東側の住宅街にできた小さなお店。
あそこなら穴場っぽいしまだあるかも知れない。まだ店を閉めてなければ良いが・・

ぼくたちは再び自転車をごぐ。
長い上り坂。とおのはふらふら何度も足を着きそうになりながらも頑張ってペダルを踏んだ。

「暑いよ~」「足が痛いよ」なんて弱音もちらほら。

そして、ようやく到着したお店。(アトリエタケというお店でした)

とおのが自転車のスタンドを立てるのに時間がかかっているとお店のお姉さんが「大丈夫ですか?」って手伝いに来てくれた。
お姉さんと一緒に店内に

「ケーキまだあるあな?」

とドキドキしながらぼくたちはお店の中に。

そこには・・・「あった~!!」

数は少なくなっていたけれど、ショーウィンドーの中に美味しそうなケーキが。

「何にしよう。何にしよう。」

僕たちは迷いに迷い、結局母の日用の「イチゴのケーキ」、「チーズケーキ」、「レアチーズケーキ」の3つを買う事にした。
よし、これで安心。家に持って帰ったママらびっくりするよ!

きれいに箱に入れて貰った帰り道。

ぼくの自転車にかごはない。なので必然的にとおのの自転車のかごにケーキを入れることになった。

だが、とおのはかごに物を入れるのは初めて。しかも自転車でしょっちゅうこける。

このケーキたちは果たして無事に妻の元へ届けられるのか・・・

とおのは「ずっと自転車押して帰ろうよ」と弱気。

でもそんなことしていたら家に着くまで20分はかかる。

だから「大丈夫。ゆっくり乗って帰ろう!」そう言って励ます。

段差や坂道があるたびに何度も止まって、「これじゃ歩いて帰った方が早いやん」と思えるくらい
時間を掛けて家に着いた。

そして「ママ、母の日。いつもありがとう!!」

一緒にケーキを渡すことができた。

ケーキは少し崩れてはいたけれど全然大丈夫。
妻は大喜びで一番大きい「母の日用イチゴケーキ」をパクツと頬張った。

ぼくたちも頬張った。


「美味しいね!!」みんなが笑顔の、そんな母の日の夜だった。


河田洋祐

20100513-1.jpg

ケープ・ライトのホームページはこちらから

20120513

_D3S4249.jpg

_D3S4246.jpg

今日はアトリエにお客様が。
12月に結婚式の撮影をさせていただいたコバヤシさまがアルバムを受け取りに
わざわざアトリエまで足を運んでくださいました!

当日は旧居留地でロケーション撮影を行ったりと忘れられない1日を一緒に過ごしたお二人。

アルバムに入れるお写真も三人でじっくり話し合い一緒に選び、
思い入れたっぷりのアルバムに仕上がりました。

ようやく完成したそのアルバムを、何度も何度も見返してくださるお二人を見て
わたしは嬉しくてたまらなかったです!


また、お会いできることを約束して、お別れをしました。

これからもこんな風に一組一組のお客様とのつながりを大切にしていきたいです。

結婚式が終わったら・アルバムが完成したら、終わり。ではなくて
それがお客様家族と私たちの繋がりのはじまり、になったらいいなぁ!
そうしてゆきたいなぁ!

と、今日もいちにち思うのでした☆
コバヤシさま、ありがとうございました!!!

                       伊藤(メーテル)

お二人の結婚式のダイアリーはこちらから

20120508

ゴールデンウィークが幕を開け、あったかな日差しの空にみんなが喜んだ4月29日。
わたしも、やったー!良いお天気!と飛び起き、ダイスケさんとマキコさんの結婚式へと向かいました。

予定より早い時間に到着し、とりあえずロビーに行くと
私より後の入り時間のはずのダイスケさんの姿が。
見るからにソワソワした様子!笑

そんなダイスケさんの様子を笑いながらお支度部屋でマキコさんとお話します。
マキコさんの準備も整い、ダイスケさんの迎えを待っていると
「ヒゲ剃るの忘れた!」と慌てた様子で入ってくるやいなやヒゲを剃り始めるダイスケさん。
「なんで?!あんな早く来てたのに!」と後ろで見守りながらクスクス笑うマキコさん。

やっぱりダイスケさん、けっこう緊張しているみたい!笑


でも始まってしまえば、賑やかなご友人たちがお二人の気持ちをほぐします。
泣いたり笑ったり歌ったりボリューム満点の披露宴は大盛り上がり!

そして、おんなじタイミングで涙を流すお二人に、つよい絆を感じました。

こうやって、これからもダイスケさんとマキコさんは長い人生を
一緒に過ごしていくんですね。素敵だな。

ダイスケさん、マキコさんありがとうございました!
変わらないお二人でいてくださいね!

             伊藤(メーテル)

ケープ・ライトのホームページはこちらから

D70_7623.jpg

D70_7683.jpg

D70_7692.jpg

D70_7763.jpg

D70_8126.jpg

D70_8641.jpg

D70_8669.jpg

D70_8816.jpg

D70_9223.jpg


20120507

D70_0582.jpg

5月に入って初めての撮影は、だいすきな家族写真。

今日はモモカちゃんのお宮参りです。
お家にお邪魔すると、かわいいワンピースでおめかししたお姉ちゃんのナナミちゃんの姿も。

車に乗って、みんなで近所の神社へ。
竹のトンネルのような道をズンズン進むと、緑に囲まれた立派な神社に到着。

ナナミちゃんが先頭をきって「ここでおてて洗わないとダメなんだよ!」と、手をお清めします。
さすがお姉ちゃん!

静かな澄んだ空気のなかでのお宮参りはとっても気持ちが良かったです。


お家に帰って、遊びに来てくれたいとこのユイちゃんも加わってお庭遊び♪
アスパラをポキッと収穫したり、お庭で家族写真を撮ったり。
ほのぼのとした時間も、気がつけばお別れの頃に。

車で見送ってくれたナナミちゃんに何度もバイバイ!と手を振って、
離れがたくなっていたのは私のほうでした。笑

楽しい時間をありがとうございました!
また会える日を心待ちにしています♪


                伊藤(メーテル)

ケープ・ライトのホームページはこちらから

D70_0600.jpg

D70_0324.jpg

D70_0387.jpg

D70_0574.jpg

D70_0852.jpg

D70_0724.jpg

20120502

_D3S0613.jpg

_D3S0624.jpg


妻と娘が帰省するゴールデンウィーク、ぼくはつかの間のひとり気ままな時間を過ごしている。

この日思い立って丹後半島までやって来た。
天気は雨。傘にポツポツと降る雨の音を聞きながらぼくは小径を歩く。
空も海も、田植え前の田もすべてがライトグレー。そこに新緑だけが彩度高く存在する。

ここはぼくが写真学生だったころ作品作りに通い詰めた場所だ。
山があって海があって田畑がある世界は、街中で育った僕にとってまったく別の世界のように映った。
何度もこの道を歩いて数え切れない写真を撮ってきた。
田が続く道を歩くと当時のことをたくさん思い出す。


あの頃と比べると、ぼくの生活も立場も、使うカメラの機種もほとんどの事柄が変わった。

だがここの風景はほとんどが十数年前のままだ。

そしてぼくの写真への向き合い方も学生時代のままだ。

これだけはずっと変えないで行こう。
ここは僕が自分と向き合うことが出来る大切な場所。


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。