ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140128

D3S_9609.jpg


テレビで流れる天気予報は今夜から雪が降ると伝えていました。

それを見た娘とおのは大喜び。

「やった~!明日は雪が積もるかも!」

夜遅くまでそわそわしながら窓の外を眺めて「雪降っていないな・・」とつぶやき、いつしか眠りに就きました。

そして翌朝、張り切って早起きしたとおの。ガラリとカーテンを開けてみたけれど、そこに雪はなくいつもの街が広がっているだけでした。

その日僕たちは休みの日。

「雪が積もっているところまで行って、家族みんなで雪を見よう!」と意見が一致し、どこに行けば雪がるのかわからないまま車でとりあえず北へ向かいました。


六甲山を越えるときにはほんのすこし積雪があって、それだけで車の中は盛り上がります。

三田を過ぎた頃、反対側から走ってくる車に雪が乗っているのを発見。

「あの車、雪が!!」と再び大騒ぎ。

その期待通り、建物の屋根の上に雪が見えるようになってきました。
その雪も車を進めるとともに深くなって行きます。

「向こうから来る車、雪だるまみたいや!」そんな話で、もうみんな大興奮。

気がつけば車の外はすっかり雪景色。こんなに多くの雪を見るのは妻もぼくも何年ぶりだろう。
子ども達にとっては生まれて初めて見るまとまった雪です。

篠山あたりで国道をそれ、静かな田んぼのほとりに車を止めました。
そして家族4人は一斉に外へ飛び出します。

雪を踏みしめて、雪に触って、雪にダイビングして。

ぼくはそんな子ども達の姿を撮るのだけれど、そこに雪の玉が飛んできて一瞬に雪まみれになってしまったり。
ぼくたちは走り回りながら思いっきり遊びました。もう子供も大人も遊ぶことに夢中。

次女のみなとは雪を頬張ったり、雪に顔を埋めたり破天荒。とおのはみんなから雪を投げられて雪だるまのよう。
みんなむちゃくちゃな感じで雪まみれになりました。

雪は時としてひとの命を奪うくらい恐ろしいものだけれど、この日の僕たちにとってはディズニーランドに負けないくらいの夢の様な世界。

親にとっても娘に雪を見せてやれたのがちょっと嬉しかったりして、楽しい休日になりました。




河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらからご覧いただけます



D3S_9670.jpg

D3S_9710.jpg

D3S_9611.jpg

D3S_9587.jpg
スポンサーサイト

20140125

good-1.jpg

D70_9565.jpg

DSC_3764.jpg

20130413ot-83.jpg



1月は結婚式の撮影が極端に少なく、空いた時間を使ってこれまで撮影した何年分かの写真をゆっくりと見返しています。

どの写真を見ても撮った時の光景や気分が蘇ってきて、まるで子供のころのアルバムを見ているような気持ちになります。気が付けば1枚の写真に見入ってしまってとんでもない時間がたっていたりとか・・

たくさんの写真を見ている理由は1冊の作品集を作ろうと思い立ったから。

「ケープ・ライトはこんな写真撮ってますねん!」
って言葉で説明しなくても伝えられるツールが欲しいと思ったからでした。

アルバムには入らないような写真、でも何かジンワリ「良いな」と思える写真を100枚ほど選んでみました。
(結婚式の日一日で1000枚を越える写真を撮るのにアルバムに入る写真は多くて130枚。残された870枚の中にも捨てがたい写真はたくさんあるのです)

選んだ写真を見ていると、その時にかかっていた音楽や、写真には写っていなくてもお客様の顔を思い出すことができます。きっと写真集が出来上がっても、その中には写っていないものがたくさん見えてくる気がする。
出来上がりを想像するとわくわくが止まりません。

完成が楽しみです!


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらからご覧いただけます

20140117

s-20140101.jpg


1月17日は阪神淡路大震災があってから19年目にあたる年です。

ぼくは今38歳。震災まで19年生き、震災後も19年生きてきました。

38年をざっと振り返ると、震災があった19歳を境に世の中の見方が随分変わりました。

19歳までは当たり前にあったもの、絶対だったことが、どれほど脆くだからこそ大切なことだったのか。

ぼくの目の前で当たり前に建っていた建物は崩れ、電車は止まり、蛇口をひねっても水は出ませんでした。
ひとの命があんな多く一度に失われるなんて、自分の住む家が崩れ落ちるなんて想像すらできませんでした。「生きていたい!」と心の底から思いました。

あの頃のぼくにはその時に起こった事態は理解できる範疇を超えすぎていて考えることすらできなかったけれど、生まれてからずっと信じていた世の中の「絶対」が一瞬でなくなってしまうということを身をもって体験した年になりました。

震災後の19年間は「目の前のものはいつか消えてしまうかもしれない」という、恐れのようなものがつねに頭の片隅に住みついています。

「いつか消えてなくなる」ことは本当のことです。

だからこそ、今目の前にあること、目の前のキラキラしたことを大切にしなければと心の底から思えるようになりました。

家族と過ごす当たり前の時間、結婚式を撮影する時の喜び、スタッフたちと共有する仕事の楽しさ。

その時感じた気持ちを胸に刻み生きていたいと思っています。

ものは必ず消えてなくなります。でもその時感じたココロは決してなくならないし、次の世代に受け継がれてゆくもの。ココロの中にあるものを大切に、当たり前のものを大切に。

19年前の出来事を境にしてそう思えるようになりました。


今日一日は震災の日を思い返して過ごします。



河田洋祐

20140107

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
みなさんはどんな2013年を過ごされましたか?
どんな年末年始を過ごされましたか?

私の2013年は、転職をして新しいことにチャレンジしてきた激動の一年でした。
こんな素敵なケープ・ライトでお仕事させてもらって、たくさんの素敵な人たちとめぐりあえて
まだまだ良い所を掘りおこしていきたいところです。



そんな私は年末からお休みをもらって地元に帰って、のんびりとした時間を過ごしていました。

28日の朝、電車でゆらゆらゆら。。
峠のトンネルをぬけた瞬間、真っ白い景色に変わりました。一面真っ白い雪でまぶしくて目が開けられないぐらい。
冬休みが始まったー!もう本当に叫びたいぐらい。(笑)

IMGP1213.jpg


冬休みは家族みんな集まっての忘年会から始まりました。

毎年毎年この時期にお世話になってる、民宿のまつださんでカニをたらふく食べました!
カニを食べる時といえば…黙る、黙る、黙る。
みんな必死に食らいつきます。
お刺身と焼きガニとしゃぶしゃぶと。。もう一年分のカニを食べた感じです。
ふぅ~しあわせ~

一緒に来ていた姪っ子や甥っ子たちはカニには目もくれず遊ぶのに夢中でした。


こんな好調な冬休みのスタートでしたが、あとはほとんどずっとのんびりと過ごしていました。
お正月は家でゴロゴロと過ごし、親戚が集まったり、友達と遊んだりと。。

これぞお正月!というかんじです。

大好きな家族や友達に会えて夏までのエネルギーをたくさん貯めこむことができました!

この2014年もいろんなことにチャレンジしてめきめきと成長していきたいなーと考えていますので
これからもよろしくお願いします。

古川百代

IMGP1293.jpg

IMGP1303.jpg

IMGP1308.jpg


IMGP1242.jpg

IMGP1257.jpg

IMGP1271.jpg


20140106

15420019.jpg


あけましておめでとうございます。
お正月をゆっくり過ごすことができたので、頭の中もすっきりして仕事を始めることができました。

これまで漠然と、そしてお正月に少し具合的に考えたこと。

それは2014年ケープ・ライトはどんな方向を向いてゆくかということです。

考え抜いて行きつくところはいつも一緒になります。
それは「普遍的な写真を残す」というスタイル。

普遍的と言ってしまうと難しくなるけれど、100年後も1000年後も、その時代の人たちが写真を見て「いいな」と共感してもらえる写真、日本だけでなく世界中の言葉が通じない人々も写真を見て心通じることができる、そんな写真も1枚でも多く残すことが私たちケープ・ライトのスタイルだと再確認しました。

昨年はフェィスブックやピンタレストを活用して世界中のウェディングフォトを積極的に見ました。

目に入ってきたのは見たことのないポージング、オシャレなアイテムたち。

写真を見たときは「凄い写真だ!」「ぼくたちもこんな写真を撮りたい」なんて思っていました。
でも、時間とともに同じような写真が数多くアップされるに従って見飽きて来ることが増えてきました。
最初は目新しい、時代の先端をゆく写真だと思っても、アイデアが新しいだけでは人の目はすぐに慣れてきてしまいます。

ファッションや音楽と同じように写真にもはやりすたりはやはりあるもの。
はやりばかり見ていては、人が本来持つ秘められた個性・魅力はいつまでたっても写真には写りこみません。

昨年もっとも嬉しかった出来事のひとつで
ホームページを見てケープ・ライトのことを気に入ってアトリエまで来てくださったお客様の話がありました。

「ホームページのスライドショーを見ていると、写っているのは私の知らない人ばかりなのに写真を見るだけで涙が止まらなくなって来たんです。」

映画や小説を見て涙が出るというのは人によってあることだと思うのですが、写真を見ただけで(しかも会ったことのない人の結婚式の)涙が流れるというのは結婚式自体、そして写真に人の心を震わせる普遍的な力が備わっていたからだと思います。

写真の持つ力は凄いと再確認した出来事でした。

写真もそうだし、アルバムだってどの時代の人も、どの国の人も「良いものだ」と分かってもらえるようなホンモノを届けてゆきたい。

そのために今まで以上によく考え、丁寧に仕事をして行こうと考えています。

そんなケープ・ライトを本年もよろしくお願いいたします。


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらからご覧いただけます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。