ケープ・ライトのdiary

20081220

20081220.jpg

グランヴィア大阪でウェディングの撮影がありました。

今日結婚式を挙げたのは少し照れ屋なリョウタさんと人懐っこいチハルさん。
性格は対照的なようですが、カメラを向けるといつも手を繋いでいて、とても仲が良い2人でした。

挙式は窓の大きな会場で。キリスト教式でも、人前式でもない「シビルウェディング」。
日本人の司式者がゲストの前で2人の婚姻届が受理されたことを宣言し、結婚受理証明書を読み上げます。窓から差す光が心地良く、すがすがしい挙式になりました。

続いて行われた20名を集めたパーティー。20階にある会場は梅田の街を一望できます。
チハルさんは「人数が少ないから盛り上がるか不安で・・。」とおっしゃっていましたが、そんな心配は杞憂でした。

一言スピーチでチハルさんのおじい様は涙があふれて言葉になりませんでした。
御両家のお父様は大いに意気投合し、何枚も2ショットの写真を撮りました。
リョウタさんの甥っ子、姪っ子はカメラをおもちゃ代わりに片手に持って走り回っていました。
琉球舞踊の余興では皆が踊りました。

12月の陽は短く、太陽が淀川の先に沈む頃パーティーはおひらきに。
街の光はキラキラ輝いて、ぼくたちはその中に降り立ちました。
夢のような一日は一瞬に感じるもの。その一瞬に立ち会えたことに感謝します。

リョウタさん、チハルさん、いつまでもお幸せに。ありがとうございました!


20081220-2.jpg

20081220-4.jpg
関連記事