ケープ・ライトのdiary

20090528

yufune1.jpg

yufune2.jpg

鞄作家、七重さんが新しい工房を構えたので撮影を兼ねて遊びに行ってきました。

阪急園田駅から10分あまり歩いた住宅街に工房「夕舟」はありました。玄関をくぐってまず驚いたのはその「安心感」。初めて訪れた場所とは思えないリラックスした気持ちになります。

なぜだろう。ぐるぐる見回して感じたのは多くの命の存在。

土壁。太い木の柱や梁。七重さんが作り出した作品たち。

そんな中にいると仕事モードでぐるぐる回っている脳が静まるのが実感できます。

「ここは夕方が最高なの」

そんな言葉に誘われて、ぼくたちは5月の太陽が西へ傾くのをゆっくりと待ちます。
お茶を飲んだり、話をしたり黙り込んだり。そんな時間を過ごすのは間違いなく最高の贅沢。

そして待っていた瞬間。光は工房の奥まで影を伸ばす。
この日、この場所にいることの出来る幸せに感謝。
七重さんに感謝。
関連記事