ケープ・ライトのdiary

20070512

5月の週末では珍しく撮影がなく、妻はぼくが休みなのを良い事に、友人と梅田に遊びに行った。

家に残された娘、もうすぐ2歳と31歳のオレ。

どこに行こうか??っていろいろと考えて、甲子園浜に行くことにした。ここは阪神間にしては珍しく砂浜(人工のだけれど・・・)が残っていて、砂場遊びが大好きな娘は大喜びするに違いないと思った。

ああ、うちの子供って単純。
思った通りに大喜び。

砂浜に着くなり、だっこしていたぼくの腕を振り解いて海に向かって絶叫しながら走って行く。なんとも勇ましい姿。

そして、平気で海の中に入ってゆく。おむつも服もずぶ濡れになるのも気にせず、波が来る砂の上に座って砂や砂利や貝殻を投げつけてみたり、持ってきたプリンのケースでケーキを作ってみたり。おいおい、テンション上がりすぎとちがう?

子供ってうらやましい。「時間」とか「疲れた」なんていう感覚がないらしい。
晴れてるといっても5月の海の温度はかなり冷たい。一緒に遊んでいるぼくの足だって冷えている。なのに我が娘は何時間も海から上がろうとしない。ただ、夢中になって大声を上げながら飽きもせず遊んでいる。

ふと考えて、ぼくは行ったいいつ頃から時計ばかり見るようになったんだろう?と思う。子供のころは、夜暗くなっても、晩御飯の時間になっても、ずっとずっと野球をしたり、探検したり、遊んでいた。遊んでいると、テレビやご飯など他の一切の事はどうだって良く、目の前の遊びがぼくの全てだった。モチロン遊びながら「疲れたなあ」なんて思わなかった。

うちの娘は、昼になっても妻が作ってくれた弁当には見向きもせず、相変わらず大喜びで遊んでいる。

子供は遊びの天才。

日に焼けても良いよ。ママに怒られるのは怖いけど風邪をひいたってすぐに直るよ。

だから思いっきり気が済むまで遊ぼうね。
関連記事