ケープ・ライトのdiary

20090829

なぜ空中庭園で結婚式を挙げようと思ったのですか?

という僕の問いに、新郎ジュンさんの答えは明快でした。

景色の良い場所が好きなんです!

花嫁となったカナコさんはそんな旦那様の意見を大切にし、今日地上39階での結婚式となりました。

挙式→36階
披露宴→39階
でのウェディング。

大きな窓からは梅田の街が一望できます。
午後、少し日が傾いた風景はやがてネオン街、そして半月がきれいに見える夜へと変化して行きました。
ゲストの方々はそんな窓の外には気にも留めずお2人を祝福しました。

例えば、北島康介似のジュンさんが操るインドネシア語に陶酔したり、カナコさんの雰囲気が仕事できる感満載なのに、それを裏切るおとぼけエピソードに笑ったり、カナコさんお父様の心のこもったご挨拶に涙したり。

ぼくたちはパーティーのおひらき後、展望台に上って初めてこの場所の風景が素晴らしいことを思い知りました。

無数の街の光が、2人を祝福しているかのようにキラキラ輝いていました。

思えばお2人と顔を合わせてからキラキラが連続した一日でした。
ジュンさん、カナコさんありがとうございました!!
関連記事