ケープ・ライトのdiary

20091018

奈良、春日大社でウェディングの撮影がありました。

森に囲まれた春日大社の朝は空気がとっても美味しく、その場にいるだけで体が澄んでくるようです。
この日の主役のナオトさん・マリさんカップルと待ち合わせ。和装に着替える前の普段着でパチリ。これが今日のファーストカットになりました。

結婚式を春日大社で挙げることになった理由がユニークでした。

それはナオトさんが生まれてお宮参りに来たのが春日大社だったから。

30年の時を経て、同じ神社に結婚の誓いを建てました。

まわりを見てみれば七五三の子供たちが大勢いて、この子達もあと20年後に同じ場所で結婚式を挙げれば良いのにな~と思いました。人生の節目節目に同じ神社に報告に行くってステキなことだなと。

奈良の秋は観光客がいっぱい。挙式を挙げて境内に出たふたりは、拝観の方々からは大きな拍手。さすがに世界遺産ということで、外国人の観光客も大勢いて、「ニッポンの花嫁」の美しい姿に、さかんにシャッターを切っていました。

披露宴は、これも伝統のある奈良ホテル。
この場所は白無垢も似合いますが、マリさんが着たオーダーメイドのウェディングドレスもまたクラシカルな雰囲気で会場と良くマッチし、どこにカメラを向けても絵になります。特に赤い絨毯が敷かれた廊下で西日を浴びながら撮った写真は最高のものとなりました。

二次会も「ならまち」の古民家を改装したカフェで行われ、マル1日「奈良」を満喫したウェディングでした。
ナオトさん、マリさん、ありがとうございました!!

この日のスライドショーはこちらから


カワタヨウスケ
関連記事