ケープ・ライトのdiary

20100328

何日か前に里帰りしていた妻と娘たちが帰ってきてカワタ家は以前と同じような賑やかさにもどりました。

とおのは喋るのやめたら死んでしまうんだろうか?と思わせるほどいつも喋っています。好きなサンリオのキャラクターのことやきょう保育園であったできごとなど。そのすきのない喋りは「天才か?」とあきれます。ぼくは今まで妻のみわさんのことをずっと「よく喋るひとやな~」と思っていましたがそんなみわさんでさえ苦笑い。

とおのが喋り続ける横でみいちゃんはひょひょこ歩き回っています。最近ようやく自由に歩けるようになってそれが余程うれしいんだろうな。機械仕掛けの安物ロボットのようにぎこちない歩き方。(よくこけます)顔の表情が豊かになってきて人間の顔に近づきました。ただ、最近顔が意地悪そうに悪いことを企んでいそうな感じに変化してきました。以前のつぶらな瞳に戻ってくれ~

夜は一部屋に布団4つ敷いて寝ます。寝始めは良いんだけど皆寝相が悪いので夜中気が付けば「おしくらまんじゅう」をしてこけたように、狭い場所に折り重なって4人が寝ていたりします。

そんなカワタ家の日常が戻ってきました。


カワタヨウスケ
関連記事