ケープ・ライトのdiary

20100520

この日はケープ・ライトのスタッフとともに写真展を巡るツアー。

まずはアトリエのすぐ近くのギャラリー「6c」さんへ。

ここでは“伊東俊介写真展『雪だけ #4』”が開催されていました。

文字通りの雪を写した写真たち。少しシアンがかったプリントがとても美しく、雪のさらさらした質感や透明感が心地良かったです。
雪に覆われた、その風景の向こう側に、寒い中ブルブル震えながらシャッターを押す写真家の姿を想像できました。

窓枠を活用した展示もユニークで、日常を忘れさせてくれる空間でした。

「6c」さんは苦楽園口駅前のビルの3階にある隠れ家的なギャラリーで、元お花屋さんだったというナチュラルなインテリアを見るだけでも行ってみる価値がある場所です。

興味を持たれた方はぜひ♪


カワタヨウスケ




関連記事