ケープ・ライトのdiary

20071010

ダイアリー


大阪南港のハイアットリージェンシーてウェディングの撮影がありました。結婚式の舞台となったのは27階にあるスイートルーム。一室を24時間借り切ってのウェディングでした。

感性豊かでバリスタでもある新郎ダイスケさん。
凛とした雰囲気が漂う、立っているだけで様になる新婦ミサエさん。
オーラが輝くふたりでした。


列席者は2人の大切な家族たち。

牧師さんを招いての結婚式のあと、お食事会が始まりました。
生演奏のBGMのなか、ゆったりとした時間がスイートルームを包みます。窓からは晴れ渡った秋の空と青い海、六甲山までも見渡せて最高の空間です。

料理と共に笑い声がテーブルの上を行き交います。ダイスケさんはエスプレッソマシンを今日の為に持ち込んでいて、デザートのケーキと共にカプチーノのサービスもありました。

コーヒーの香りが部屋の中を包み、秋の日差しはオレンジ色に変わる頃この豊かな結婚式はおひらきとなりました。

ひとり、またひとりとゲストの方々が帰路についた後。新郎ダイスケさんから「今からカプチーノを入れるので飲んで行ってください!」とお誘いを受けました。部屋に残っていたプランナーさんとぼくは大喜び。
ダイスケさんが入れてくださったカプチーノは優しい味で、体全体がリラックスするのがわかります。

部屋に差し込む金色の光を浴びながら、僕たちは今日一日の余韻に浸っていました。充実感、喜び、感激、安堵、幸福感。興奮冷めやらない僕の胸の中には様々なさまざまな感情がぐるぐる回っていました。

今日一日、かけがえのない素敵な時間でした。
ダイスケさん、ミサエさん、ありがとうございました!!
関連記事