ケープ・ライトのdiary

20100708

DSC_6880.jpg
DSC_6919.jpg

先週はゲンさんとユカさんの結婚式の撮影に呼んでいただきました。

ゲンさんは家具職人という職業。打ち合わせでお会いしたときは無口で「職人気質の人なのかな?」と思っていたのだけど、当日にお会いしてみると髭もさっぱり剃っていて、爽やかなジャニーズ系。カメラを向けるといつも笑顔で答えてくださいました。

ユカさんは表情豊かで目がキラキラ。何枚も何時間でも写真を撮っていたくなります。
そしてユカさん、人をとことん愛するという特技の持ち主。

ぼくたちの存在をホームページで知ってくださり、その瞬間からケープ・ライトファンになってくださいました。
結婚式の舞台でもある「旧居留地オリエンタルホテル」のことだって大好き。特にスタッフであるプランナーさんはじめメイクさん・司会者さんには全幅の信頼を置いていて、スタッフの方々も自分が愛されていることがわかるので、ユカさんゲンさんカップルのことを愛して1000%の力を出して結婚式を盛り上げます。

例えばこの日あったハプニング。
ウェーターテラスで写真撮影をしているとドレスの裾が水に濡れてしまいボトボトに。披露宴はまだまだ続くのに弱った・・・とみんなが思いました。でも次の瞬間、タオルを持ってくる人、ドライヤーを必死に当てる人。多くの人が連携して濡れたドレスは瞬く間に乾いたのでした。ゲンさん、ユカさんも「このハプニングを写真に撮っておいてください」という余裕ぶり。
「スタッフの人たちと一緒にみんなで打ち上げしましょうね!」と何度も口にされたユカさんの気持ちがわかります。

披露宴の見せ場の花嫁さんからの手紙。ユカさんは手紙には書ききれないということで、今気持ちを自らの言葉でご両親に伝えました。

「お父さん、お母さん、今までありがとう。ゲンちゃんは見ての通り立派な人です。どうぞ安心してください。」

「ゲンちゃんのお父さま、お母さま、ゲンちゃんをこんなに素敵な人に育ててくださってありがとうございます。」

そんな感謝の気持ちが続きます。

ゲンさんは大学で出会ったユカさんに出会った瞬間に好きになったそうです。ユカさんもゲンさんのことを誰よりも愛しています。

そんな二人だからこそ、まわりの誰もが二人のファンになるのでした。

ぼくたちもおふたりのファンのファンとして一日写真を撮りました。

ゲンさん、ユカさんお二人のことを心より愛しています。ありがとうございました!!


カワタヨウスケ

DSC_7333.jpg

DSC_7473.jpg


関連記事