ケープ・ライトのdiary

20100716

画像 007

ぼくは熊本へ向かいます。

従弟であるリュウジくんの結婚式があるのです。

普段は関西に根を張って仕事をしているので、普段行くことのない場所に呼んでもらえるのは願ってもない気分転換にもなります。
ということで、飛行機なら1時間あまりの距離を鉄道で移動することにしました。しかも九州では大分と阿蘇を経由する回り道。およそ8時間の大移動です。

この移動の途中に自分に課した課題。それは「何もしないこと」

携帯をさわらない、本を読まない、音楽を聴かない、、、

ひたすら車窓の流れ行く景色を見て行くこと。

九州へ向かう新幹線はトンネルばかり。でも急に海が見えたりして変化するスピードもさすが新幹線だと思いました。九州は特急のいえどものんびりした走りで、いつの間にかスコーンと深い眠りに。唐突に現れた印象の阿蘇山は裾野の緑が美しかった!

景色を見ながら色々なことを考えました。いまブログで書けるような「実」のあることではないけれど、それはこれからの生き方や仕事の進め方のぼんやした部分だったりします。日常ではそんな「ぼんやり」したことを「ぼんやり」考える余裕はないので、この列車の旅は素晴らしい「ぼんやり」を考える旅になりました。

熊本に着いて、やけに運転の荒い路面電車にあたふた。熊本一の繁華街に降り立ちます。
日本語は通じるけれど、イントネーションが関西と大きく違うし、湿気を含んだ暑さは大阪よりも強烈。地理も分からず外国に来たかのような錯覚になります。

でも気持ちはワクワク。こんなワクワク感は久しぶりだと思う。知らない街を歩くのはこんなにも楽しいものなんだと思う。

それを気付かせてくれたリュウジくん 、チエちゃんにはホント感謝します。

短い時間を存分に楽しみます。ありがとう!!

カワタヨウスケ

画像 001

画像 003

画像 006


関連記事