ケープ・ライトのdiary

20100822

IMG_1580.jpg


DSCF8162.jpg

フレームさんでのフォトレッスンが無事に終了しました。

今回は「ぐっと来る写真を撮ろうと」というキャッチフレーズの下、技術的なことを極力考えず、撮影した写真の面白さを発見してゆこうというテーマで行いました。

純粋に写真だけをレクチャーするのは初めての経験でドキドキ、今回生徒さんは5名というアットホームな教室でした。

1日目はカメラの簡単な使い方をお教えした後、暑い中、街にに撮影に出てもらって、撮ってきた写真を囲んでみんなで感想を出し合います。

「このビールの看板、美味しそうですね~」

「ひまわりにとまった蜂が夏らしさを演出していますね!」

面白い所をどんどん挙げて行くと、時間がどれだけあっても足りない気がします。


2日目のレッスンではお盆に撮影してきた生徒さんの写真を見て、前回同様ワイワイガヤガヤ。

旅行の写真が多くて、ぼくも実際に旅に出たような気分に。みんな本当に写真が好きで撮ってきたのが良く分かるのが見ていて楽しかった。

この日は「ポートレートを撮ろう」というテーマで、生徒さん同士で人物写真にも挑戦していただきました。

いざ人を撮ると、撮る方も撮られる方も、むちゃくちゃ恥ずかしいものです。
照れながらコミュニケーションを撮って、頑張ってカメラを直視して。苦労しながらもとっても可愛いポートレイトが沢山出来上がりました。


今回のレッスンは、本当、最初から最後まで生徒さんに助けられたというか、皆さんに盛り上げて貰いました。
参加してくださった皆様、この場を作ってくださったフレームさん、ありがとうございました。

僕自身レッスンを通して写真の面白さを再発見した部分が多くありました。
また時間を作ってこのようなレッスンを開催できればと考えています。


カワタヨウスケ

関連記事