ケープ・ライトのdiary

20100912

西宮から約6時間、車をぶっとばして着いた先は、軽井沢。

4時前に着いた頃には、心地よい風、いや半袖だと少し肌寒さを感じる気候に
蒸し暑い関西から遠く離れた場所にいるんだぁ…と実感。

なぜ、軽井沢にいるのかというと、ここ軽井沢で結婚式をなさる新郎新婦さまが
わざわざわたしたちまで、この場所に呼んでくださったのです!


着いた会場は、邸宅のような素敵な会場。
奥に進んで行き緑を抜けると、橋の向こうにたたずむ教会。

なんだか、別世界にいるような気持ちのいい空間と素敵な教会に見惚れてしまいました。


そして、前日から準備をしている、リョウスケさんタエさんのもとへ。
お二人が飾り付けした会場を見ると、色んなところにお二人の思い出のものや、ゲストとの写真、
そして来ていただくゲスト一人ひとりの紹介が。

河田さんいわく『人生をむっちゃ楽しんでいる』写真がたくさん!


眺めていたら、お二人がどれだけの思い入れを込めて明日を迎えようとしているのかが
とてもよくわかりました。

そして、長い時間をかけて愛を育んでお互いを大事にしてきた軌跡を知ることができました。


風船をふくらますお手伝いをして、おいしいお菓子のお駄賃をいただき
お二人とバイバイ♪

もう、明日が楽しみすぎてわくわくしていたのは言うまでもありません。



9月10日は最高の天気。
昨日は雲がかかっていた浅間山もくっきり!

午前中から、リョウスケさん、タエさん、プランナーさん、メイクさん、そしてわたしたち、
みんなで車に乗り込みロケーション撮影!

軽井沢はどこへいっても絵になる場所ばかりで、最高の写真が撮れました♪


挙式は午後から。

みんなでつないだリングリレーや、パズルで行った結婚証明
自由であったかい式は、お二人だからこそ作れた式だと思います。

パーティーも言うまでもなく。
ゲストとの触れ合いを大事にしたあったかい時間でした。

ゲストの方々が一人づつ、マイクを回していくスピーチリレー。

みなさんの話を聞いていたら、リョウスケさんタエさんがどれだけ
家族、友人、仲間に愛され慕われているのか、そしてお二人がまわりを愛しているのかが、
たくさん感じられました。


あぁ~ステキだ。




和やかなパーティーもお開きになり、
着替えたリョウスケさん、タエさんを乗せて向かった先は
山奥にある別荘。ちょー豪邸。

そこに今晩は友人たちとお泊りです。
まだまだ夜は続くご様子で…☆


皆さん一同から礼を受け、リョウスケさんタエさんとさよならをしました♪



リョウスケさん、タエさん!
わたしたちを軽井沢まで連れてきてくださってありがとうございました!!
最高に楽しい充実した一日でした♪♪

世界一周旅行たのしんできてくださいねっ!!


                             メーテル
関連記事