ケープ・ライトのdiary

20071025

ダイアリー3

10月24日は妻と僕との4度目の結婚記念日だった。

妻と僕は仕事を、娘は保育園を休んで家族3人で神戸へ遊びに出かけた。
娘が生まれるまでは、僕たちはよく神戸の街を歩いたもんだ。初めて2人で食事をしたのも神戸だし、元町の「丸玉食堂」へもよく行った。ここにはいっぱいの思い出が詰まっている。

子供が生まれると、行く先が変わる。すべてが子供中心で、車を使ってショッピングセンターや大きな公園へ出掛けるのが当たり前になった。

この日ばかりは妻と僕との記念日。娘には少し我慢してもらってのお買い物ツアー。

何という青空。そんな中、僕たちはセンター街へ、南京町へ、栄町へ気の向くまま歩いた。

街には街の匂いがある。すごく懐かしい空気のような気がする。それは妻と肩を並べて歩くことで、初めて感じることができるものだ。神戸の街がこんなに思えるなんて・・・。普段ひとりで神戸を歩く時とは明らかに見え方が違う。

娘は時々ぐずる。だけどさすがわが娘。空気を察してか、今日は随分控えめだ。
青空の下、ぼくたちは時間を惜しむように歩き続けた。特別なプレゼントはないけれど、この瞬間を過ごすことが大きな喜びだ。

妻は鞄を買った。
僕はレザーのジャケットを買った。
娘は・・・。娘は! 彼女はひとり手ぶらで家に帰った。

明日からはいっぱい遊んであげよう。
関連記事