ケープ・ライトのdiary

20071103

ダイアリー


大阪、南港でウェディングの撮影がありました。

きょう結婚式を挙げたのは共にマイペースB型カップルのタケシさんとカズミさんです。

2人とも芸術家肌で、結婚式にも手作りのアイテムや、ドレスやブーケといったこだわりの品々がいっぱいあり、この日への思い入れを強く感じます。

そんな2人が会場に選んだのは、ホテルの最上階にある中華レストラン。地上28階からの眺めは圧巻で、はるか彼方に明石海峡大橋まで見え、まるで空の上を飛んでいるような気分にさえなります。

この日は透き通った青空。

その青空と秋の日差しの中、挙式が始まるまでの間僕たちはさまざまな場所で写真を撮りました。挙式を無事に終え、タケシさんカズミさんゲストの方々は28階へと移動します。大きな窓の外は青い海と青い空。日差しはみんなの顔を明るく照らします。

笑い声に包まれたウェディングパーティー。その中心には普段と変わらない飾らない二人の姿がありました。秋の太陽は足早に西へと傾きます。朝はあんなに青かった空の色も徐々に色味を変えて赤みをおび、青かった海は光を受けて金色になりました。

この28階は相変わらずの楽しい空気が流れます。そして披露宴のトリになる友人が歌うコブクロに合わせるように赤い太陽は水平線へと姿を消し、タケシさんがお礼の言葉を述べる頃には窓の外は一気に夜の景色になっていました。

こんなに太陽を見て結婚式を撮影したことは初めてでした。365日、46億年にも渡って営まれてきた当たり前の光景なんだろうけど、あらためてこの世界に生きていると実感した一日。

そして、この先二度とめぐり合うことがないであろう、素晴らしい結婚式でした。

タケシさんカズミさん、ありがとうございました。そして心からオメデトウ!!
関連記事