ケープ・ライトのdiary

20071215

1215.jpg


レッツ テイク ア ピクチャー と言ってみた。しどろもどろで。

きょう結婚式を挙げたヘイスとイクコさんは国際結婚だった。ヘイスは香港出身ハワイ在住。イクコさんも出身は大阪、現在ハワイ在住。ふたりはハワイで出会い結婚へ至ったカップル。現地で挙式を終えて大阪で披露宴が行われた。

披露宴の2日前に行った新郎新婦との打ち合わせ。ぼくは生まれて初めて中国語を勉強して臨んだ。自己紹介くらいは出来るように頑張ってみたんだけど、いざヘイスの前に立って話してみると、これが全く通じない・・・。なんとか「ニイハオ」と「ザイジェン」が分かってもらえたくらいだった。

だから自信喪失。完全喪失で臨んだ結婚式。

今度はカタコトの英語で頑張ってみた。「ヘイ!イッツ ファイン トゥデイ!!」(カッコつけて言ってみたけど実はスタッフのカナイに事前に教えてもらった。)うん、なんとか通じたみたいだ。

だけど大切なのは言語ではなくって気持ちだ。

ヘイスは通訳ナシの英語で挨拶をした。おそらく会場にいるゲストのほとんどが内容を理解できてなかったと思う。だけど、ヘイスの喜び、感激といった感情は全員が感じていた。それで十分だった。

ハワイに住むふたりらしい、カタチにとらわれない明るい結婚式。そしてヘイスのイクコさんに対する思いやりの深さに見惚れた。そんなゲストの皆が心から楽しめた素敵なパーティーでした。

ヘイス、イクコさん、ありがとうございました。
ぼくも心から堪能できた一日でした!

そして「good job!」とひとりつぶやいて一日を締めくくる大きな幸せ!!
関連記事