ケープ・ライトのdiary

20080204

20080203.jpg



「わたし実は雨オンナなんです」初めて会った打合せで花嫁のミサキさんはこう切り出しました。

結婚式を挙げるふたりにとっても、撮影する僕にとっても当日晴れるかどうかは気になります。

でも、気になってもどれだけ頑張っても天気だけは変えられません。

先日の入籍の撮影も小雨がちらついて「もしや・・・」の予感。

そして結婚式の一週間前。週間予報では雨マーク。毎日毎日、天気予報をチェックしてみても2月3日の雨マークは消えません。

ぼくとスタッフのカナイは「てるてる坊主」を作って予報が外れることを願いました。

だけど無常にも・・・。

だけど天気なんて関係なく、結婚式は盛り上がりました。会場に笑い声が響きます。ミサキさんは弾けるような笑顔満開。まるで太陽のよう。皆がその笑顔に惹き付けられます。

一方、花婿のタダシさん。クールな印象でしたが締めの挨拶では涙で声を詰まらすシーンも。ゲストの方々はもちろん、これには僕まで涙目になってしまいました。

雨は午前中で止み、おひらき後には日本庭園へ出て写真撮影もすることができました。天気は「晴れ」ではなかったけれど、笑顔と笑い声と涙が印象的な忘れられない節分の結婚式になりました。

タダシさんとミサキさんは今日からバリヘ新婚旅行へ出発します。今度こそ晴天に恵まれるよう、心より願っています!!
関連記事