ケープ・ライトのdiary

20110824

65.jpg

14.jpg

23.jpg

29.jpg

44.jpg



ニノミヤさんはぼくにとってまさに恩人。

5年前にケープ・ライトを立ち上げて間もない頃、ウェディングプランナーをしていたニノミヤさんが偶然インターネットでケープ・ライトを見付け気に入ってくださり、「一緒に仕事をしませんか?」と声を掛けてくださったのだ。
当時は仕事の進め方もよく分からず「このままで良いのだろうか??」と日々戸惑っていたので、ニノミヤさんと会えたことで、「このスタイルで仕事を進めて大丈夫!」と自信を持てるようになった。

その後ニノミヤさんと一緒に仕事をする機会は訪れなかったが、今年5月に掛かってきた電話で「わたし結婚するんです!写真撮ってください!!」と嬉しい報告があった。

そしてこの日結婚式。
花嫁に変身して行くニノミヤさんの隣には、すこしソワソワする旦那さまのマサユキさん。「こんな服着るんやな~」なんて照れながらタキシードに袖を通す。おふたりの家族も到着し支度部屋は賑やかな雰囲気。

挙式やその後の食事会も和やかな雰囲気だった。

挙式では親戚と大切な友人が見守る中の人前式で、結婚を誓う言葉を2人が連絡を取るために使い続けているノートの1ページに書いて誓約として読み上げたり、家族に宛てた手紙の披露もあったりと、様々なところに2人らしさが入っていた。泣きながら笑いながら。みんながその場を楽しんでいるのが伝わって来る。

食事会もゆったりと楽しく。
言葉にするなら、全員が手を繋ぎながら大きな輪を作って食事しているイメージ。
だれが欠けてもこの空気にならなかっただろうと思えるくらいふたりだけでなく、ゲストのひとりひとりが主役になっている。

ニノミヤさんのお父様が「今日流す涙はすべてうれし涙です」と仰っていて、その言葉が象徴するように全員が楽しみながら涙した1日だった。


ぼくもこの日、同じ時間を過ごすことができたことがとても嬉しかったです。
マサユキさん、ニノミヤさん、ありがとうございました!!


カワタヨウスケ


この結婚式のスライドショーはこちらから
関連記事