ケープ・ライトのdiary

20120502

_D3S0613.jpg

_D3S0624.jpg


妻と娘が帰省するゴールデンウィーク、ぼくはつかの間のひとり気ままな時間を過ごしている。

この日思い立って丹後半島までやって来た。
天気は雨。傘にポツポツと降る雨の音を聞きながらぼくは小径を歩く。
空も海も、田植え前の田もすべてがライトグレー。そこに新緑だけが彩度高く存在する。

ここはぼくが写真学生だったころ作品作りに通い詰めた場所だ。
山があって海があって田畑がある世界は、街中で育った僕にとってまったく別の世界のように映った。
何度もこの道を歩いて数え切れない写真を撮ってきた。
田が続く道を歩くと当時のことをたくさん思い出す。


あの頃と比べると、ぼくの生活も立場も、使うカメラの機種もほとんどの事柄が変わった。

だがここの風景はほとんどが十数年前のままだ。

そしてぼくの写真への向き合い方も学生時代のままだ。

これだけはずっと変えないで行こう。
ここは僕が自分と向き合うことが出来る大切な場所。


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらから
関連記事