ケープ・ライトのdiary

20080409

桜の命は短いもので、満開を迎えた後の花はただ散り行くのみ。
見るのも悲し。

でも花見は悲しくない。

きょうはケープ・ライトでお世話になっている人たちを招いての宴会だった。

少し寂しくなった桜の花を見ながらぼくたちはワインを4本あけてそれはもう良い気持ち。

ああ、仲間がいるというのは最高。
ぼくは多くの人に支えられて生きている。
ひとりひとりに感謝する。随分酔っ払ってはいるけれどもその気持ちに偽りはない。

ありがとう!!

心からそう思う。
関連記事