ケープ・ライトのdiary

20120831

_DSC3571.jpg

_DSC4308.jpg

D3S_2495.jpg

D3S_2533.jpg

D3S_7829.jpg

ぼくが子供だった頃の思い出って大半が夏休みのものだった気がする。

甲子園球場で高校野球を見に連れて行ってもらったこと、キャンプファイアーで歌った歌、プールに通いすぎてお腹がいたくなったことなど、いろいろな出来事が次から次へ思い出として湧き出してくる。

7月20日の「さあ、明日から40日も学校へ行かなくて良いぞ!」っていうワクワク感や
「明日で夏休みが終わってしまう・・」と考えたときの絶望的な気持ち。

こんな極端に感情の上下を味わうことって大人になってもそうないんじゃないかと思う。

この今まさに夏休みが終わろうとしている時ってホント明日で世界が終わるかのような気分で過ごしていた。

大人になって夏休みもなくなり、ジェットコースターのような感情の起伏も味わうこともなくなったけど、今年は長女とおのが小学生になり親として初めて夏休みを体験することになった。

ぼくたち夫婦は共働きなので、とおのは夏休みであっても平日は地域の育成センターで夕方まで過ごす。
ごめんねっ!って思う。せっかくの夏休みなのにこれじゃ普段学校行っているのと何ら変わらないじゃないか。

だから夏休み期間中、少しでも時間があれば無理をしてでも子どもたちと過ごすことにした。

これと言った旅行はできなかったけれど、それでも京都北部の海へ行ったり、何度もプールへ行ったり、釣りに行くのも今日で3度目だし、朝6時30分からのラジオ体操も何日かは一緒に通った。

振り返ってみるともっともっと遊びに行けたと思うけれど、一緒に過ごした時間は全力で遊び回ったし何度もみんなで大笑いした。一緒に走って、釣りに行ったのに1匹も釣れない悲しい時間を共に過ごした。

この子たちは大人になってこの夏のことを思い出すことはあるのかな?

ぼくたち親が子供に与えられるものって、一緒に過ごす時間とか、その思い出だと思う。

何十年後かのある日に、この夏のことをふと思い出し、クスッと誰にも気づかれないように思い出し笑いなんかしてほしいな。

それにしても、大人になっても夏休み40日間はあっと言う間でした。来年はもっともっと色々なことに挑戦しようね。


9月からはぼくも新学期を迎えるように気持ち新たに頑張って行きます。
夏休みありがとう!!


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらから


_DSC4402.jpg

_DSC4349.jpg


関連記事