ケープ・ライトのdiary

20130322

_DSC6089.jpg

_DSC6105.jpg

_DSC6106.jpg

_DSC6113.jpg

_DSC6115.jpg



スケジュール帳を見たら週末に東京で撮影が入っていて、その前日は何も予定が入っていないことがわかりました。

これは東京に行く前にどこかに行けと言うことか!?
ということでぼくは日本地図とにらめっこ。

そして出した結論。北海道へ立ち寄ることにしました!

西宮から東京に行くのに北海道なんて全く別の方向。でも良いじゃないですか。面白いじゃないですか。
LCCが多く就航するようになり、いまや1万円も出せば沖縄にも北海道へも行けちゃいます。

早朝神戸を発って、朝の10時には新千歳空港に到着。

なんとなく「小樽」に行ってみたいと思い、新千歳から電車で1時間。小樽へ。

関西はそろそろ桜も咲き始めようかというほど暖かな季節だけど、小樽は違います。

寒いです!!

街頭の温度計はマイナス3度。道端にかき分けられた雪はぼくの背丈ほどもあります。
実際この日も雪が降っていて、もちろん道路にも積もっています。

足元はツルツルで、
15回は転けそうになりました。
そして1度はドッカーン!と派手に転けてしまいました。痛かった・・

冬景色の小樽は静かな街です。観光客はまばらです。
大きな街ではないので、歩くのが楽しい。
(こけそうになるのは別として)

有名な運河や倉庫群に息を呑んだり、可愛らしいおもちゃ屋さんを見つけて得した気分になったり。

いくら丼も食べました。美味しかった(^O^)

たった半日だったけど、雪の小樽を満喫しました。

札幌から東京までは夜行列車に乗りました。
主要時間は17時間。

飛行機では1時間あまりの距離だけど、この時間の使い方は贅沢すぎます。

ただ列車の揺れに身を任せ、窓の外の暗闇の目を向けて寝台に身を任せて
どっぷりスローな旅を楽しみました。




さあ、今日から仕事。頑張ろう!!!


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらからご覧いただけます

_DSC6152.jpg
関連記事