ケープ・ライトのdiary

20080608

20080607-2.jpg


20080607-1.jpg


京都市街から30分ほど車で北へ上った所に上賀茂神社があります。世界遺産登録させているほど由緒がある場所らしい。起源などはぼくは無知で分からないけど、街の喧騒から離れたこの場所が持つ
自然で静かな雰囲気は最初に訪れた時から魅了されていました。

そんな上賀茂神社でウェディングの撮影がありました。

梅雨の時期、晴れてくれ!という願いが通じたのか、二人の行いが良かったのかこの日は涼しい風が吹き抜けるサワヤカな一日となりました。

この日結婚式を挙げたツカグチさんとトモコさんはとても優しい二人で、ぼくはそんな二人の持つ空気が心地よく、打合せなどで会うたびにホタルの話で盛り上がったり、車で送ってもらったりとすっかり仲良くさせていただいていました。

だから今日も良い感じ。
朝から二人と会うだけでとっても楽しい。

挙式はツカグチさんもトモコさんもぼくも緊張しました。
でもその緊張感が心地よかった。上賀茂神社は厳かで自然と背筋が伸びる場所です。
二人は緊張して玉串奉納をしたし、ぼくは緊張してそれを撮った。
だけど、いざ挙式が終わるといつもの表情に。そんな中、境内のさまざまな場所で写真を撮りました。だってきょうの主役!時間が許す限り沢山撮りたい。

撮影大会のあとは家族同士の会食。手作りのプロフィールDVDの上映やふたりで轆轤をまわして作った茶碗のプレゼントなど、この日の為に手作りしたものが満載。とっても心がこもっていて、二人らしい食事会になりました。ぼくは会食中、みんなの写真を撮ったり、時に会話に加わったり、親族の2歳の男の子と遊んだり(これが楽しかった!厳密には遊んでもらっていた・・・と思う。)忙しく?動き回りました。

そんな一日の結婚式はすべて二人で企画して時間の段取りなども計画通りでした。会場任せにしないふたりの行動力は素晴らしいし、ツカグチさん、トモコさんと一日共に過ごし、写真を撮ることができたことが大きな喜びでした。

ツカグチさん、トモコさん、本当にありがとうございました!!
関連記事