ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140811

20140607to-1.jpg

20140607to-18.jpg

20140607to-1008.jpg

20140607to-234.jpg

20140607to-103.jpg

20140607to-211.jpg

20140607to-277.jpg

20140607to-314.jpg

20140607to-455.jpg

20140607to-544.jpg

20140607to-640.jpg

20140607to-766.jpg

20140607to-1046.jpg

20140607to-913.jpg

20140607to-956.jpg

20140607to-1053.jpg

20140607to-1068.jpg

20140607to-1175.jpg

20140607to-1180.jpg

20140607to-1184.jpg

20140607to-1326.jpg

20140607to-1428.jpg

20140607to-1441.jpg

20140607to-1518.jpg

20140607to-1639.jpg

20140607to-1679.jpg

20140607to-1902.jpg

20140607to-1871.jpg

20140607to-2076.jpg


結婚式のは式をあげるふたりの思い入れが詰まっている。

当たり前のことですが、撮影のたびにそのことを実感させられます。

この日の花嫁、オオカワさんは元ウェディングプランナーで、一緒に仕事をしたのは1年にも満たない短い期間ながら、ぼくたちはひとつのチームとして最高の結婚式を作ることを目指し息の合った仕事をしてきました。

そしてオオカワさんがプランナーを退職したあとも、結婚式を通じて知り合ったお客様と(ムラタさん・ユミさん夫妻です)餃子パーティーをしたり食事に行ったりと楽しいお付き合いが続いていました
。そこにはいつもオオカワさんの旦那さんになるようちゃんも来ていて、ぼくたちは夜遅くまで毎回楽しみました。

あるとき、「わたしが結婚式をする時はぜひケープ・ライトに撮影をお願いしたいと」依頼があり、この日、ぼくたちはオオカワさんの結婚式に立ち会うことができることになりました。


結婚式場は神戸の港を一望できる場所。

福岡からくるようちゃんのご親戚に神戸らしい風景を味わってほしい、という配慮からでした。

ペーパーアイテムは結婚式で繋がったお客様、ムラタさんの作。ようちゃん、オオカワさんの共通の趣味であるダイビングをキーワードにして夏らしいデザインになりました。メニューの冊子はムラタさんの奥様ユミさんがミシンで縫い付けるなどみんなの力を合わせて作りました。



撮影のスタートはオオカワさんの実家から。

タキシードに蝶ネクタイでキメながらなぜかズボンではなくステテコ姿のお父様。
となりでにこにこ笑顔のお母様。かなり楽しいご家族。
お家の中のいろんな場所で写真を撮りました。

式場について、支度が始まって、ぼくもドレス姿のオオカワさんと初対面。

今朝とも、もちろん仕事をしている時ともまるっきり違うシアワセのオーラを纏った姿がありました。
そのオーラはようちゃんも一緒。いつもよりずっと済んだ目をしていて緊張感を感じられます。

時計の針が進むごとにワクワクした気持ち、緊張は高まってゆきます。

そして控室のドアが開かれ、チャペルへ案内されます。


いよいよ結婚式が始まります。

白い壁、高い天井のなかゆっくりとお父様とオオカワさんが進みます。

ゲストの前で誓いを立てて、指輪を交換して・・
緊張感に包まれた中、ひとつひとつのセレモニーが進んで行きます。
心臓の鼓動が聞こえてきそうなくらい静寂な時間でした。

挙式会場の扉が開いて、フラワーシャワーに出たふたりは先ほどの緊張感から解放され一瞬にして笑顔いっぱいになりました。

パーティーでは挙式とは打って変わって和やかな雰囲気に。

先輩のスピーチに涙したり、オオカワさんはサックスの演奏をしたり・・

お色直しでは和装になりました。
ようちゃんのオールバックに紋付き袴姿はとてもキマっていたし、オオカワさんの色打掛も華やかで良かった。
ふたりはゲストのテーブルを時間をかけて回って、来てくださったすべての人にお礼の気持ちを伝えました。
ゆったり和やかな時間でした。

パーティーの後は憧れだったポエティカさんのドレスを着て港や旧居留地でも撮影、
そして100名ものゲストが待つ二次会会場へ。

二次会は賑やかなものでした。
たくさん食べて、たくさんみんなと写真を撮って、もちろんオオカワさんのサックス演奏だってあります。
トリにはようちゃんからオオカワさんへサプライズプレゼント。それは実在する星。星の名前を付けることができるというスケールの大きなプレゼントに会場はどよめきました。
夢があって最高のプレゼントだと思います。

ふたりらしい一日でした。

挙式は緊張感があって、パーティーは和やかで、二次会は賑やかで思いっきり盛り上がりました。
ふたりのことが大好きな大勢の方が参加しともに作り上げた一日になりました。

そんな結婚式の参加できぼくたちは幸せです。

ようちゃん、オオカワさん、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします☆


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらからご覧いただけます




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。