ケープ・ライトのdiary

20080621

0603-3.jpg


0603-2.jpg


大阪・梅田に「ホテルモントレ グラスミアハウス」という式場がある。

ケープ・ライトの仕事を本格的にやり出すまでここの写真室からお仕事をいただいていて、毎週のように撮影に通った思い出深い会場です。

ぼくはこの式場が大好きだった。緑あふれるガーデンはここが都会のど真ん中だと言うことを忘れさせてくれるし、光と影のコントラストが美しいチャペルもお気に入りだった。そして何よりスタッフが素晴らしい。いつも一緒に笑いながら仕事をしていた記憶がある。

そんなスタッフのひとりにムラカミさんというプランナーさんがいた。
どこまでも情熱があってお客さまと一緒に結婚式を作り上げる素敵な女性だ。しばらく前に退職してしまったんだけど、今でもグラスミア=ムラカミさんというイメージが出来上がっているくらい強い印象がある。

そんなムラカミさんがこの度結婚することとなった。
挙式は沖縄での予定だけど、「何とかグラスミアハウスでも写真を撮りたい!」という希望があってロケーション撮影をすることに。ぼくはフォトグラファーの先輩でもあるワタナベさんと共にシャッターを切った。

ウェディングドレスを着たムラカミさんは映画の主演のような美しさだ。プランナー時代の制服しか知らなかったのでそのギャップに驚かされる。そして初対面の旦那さまジュンヤさん。優しくってとっても照れ屋。しかも写真は苦手だそうで、最初はなかなか笑顔を見ることが出来なかった。だけど少しずつ時間がたって、ポーズもサマになり、ぼくは嬉しくって何度もシャッターを切る。

ムラカミさんは「グラスミアハウス」が大好きだ。ジュンヤさんもその気持ちを理解してくれていて、僕たちは時間を惜しんで1階から7階まで様々な場所で写真を撮る。エレベーターでも撮って玄関の外にも飛び出して。

6月の蒸し暑さが和らぐ頃、ふたりとの撮影はおひらきに。ムラカミさんもジュンヤさんもぼくも大満足の一日となった。

「グラスミアハウス」は来月で閉鎖→移転が決まっています。
ぼくにとって最後になった「グラスミアハウス」での撮影はとても思い出深いものになり、忘れられない一日となりました。

そんな機会を与えてくださったムラカミさん、ジュンヤさん、ありがとうございました!!

0603-1.jpg






関連記事