ケープ・ライトのdiary

20150417

20150406-9.jpg

20150406-10.jpg

20150406-7.jpg

20150406-4.jpg

20150406-5.jpg

20150406-6.jpg

20150406-8.jpg

20150406-3.jpg

20150406-12.jpg

20150406-13.jpg






ロケーション撮影は普通、森のなかや花畑、異人館街など絵になる風景を求めて回ることが多いのだけど、ユウスケさんとサチヨさんの場合は違ったものでした。

撮影のテーマは「ふたりとゆかりがある場所をめぐる」というもの。


桜の時期なので、桜がきれいな公園で撮影した後は、ふたりがよく通っていたというパスタ屋さんで撮影。

「最初に来た時はこの席やったんですよ」

ユウスケさんがその時のことを教えてくれてその席に座って撮影したり、シェフにも入ってもらって撮影したり、数年前ドキドキしながらこのテーブルに座っていたふたりのことを想像しながら撮影をしました。


そこから記憶は遡り、サチヨさんのご自宅の前でご家族と撮影、そして二人が通っていたという小学校へ行きました(そう、ふたりが最初に出会ったのは小学1年生の時だったのです!)

小学校は春休みということもあり人影まばら。

でも多くの先生が「おめでとう!」と声を掛けて下さり、教室も自由に使って撮ることができました。

15年前に使っていた教室。椅子に腰掛けてみるとあまりの小ささにびっくり。でも15年前はこの教室でこの椅子と机で授業を受けていたのだと思うと不思議です。

卒業アルバムも持ってきていて、その表紙のジャングルジムにも登ってみました。そこには春休み遊びに来ていた現役の小学生も加わってたくさん笑ってふざけあって、賑やかな撮影に。
ユウスケさん、サチヨさんはずっと気持ちは小学生の頃に戻っていたんじゃないかな。

そう思えるくらいすごく良い顔をされていました。
小学校にはユウスケさんのご兄弟も参加。みんなこの学校の卒業生でプチ同窓会のような時間でした。
(おまけにワンちゃんまで祝福にやって来ましたね!)

ここで撮影が終わるのは勿体ないと、ビーチへも行きました。
雲が低く立ち込めた海だったけれど、快晴の中では撮ることのできないしっとりした写真を残せたと思います。

記憶が詰まった場所をめぐる撮影。
朝よりもずっとおふたりの気持ちに寄り添えるようになったと思います。
より親近感を持って、秋にあるユウスケさん、サチヨさんの結婚式を迎えられそう。

10月が来るのが今から楽しみです!!


河田洋祐

ケープ・ライトのホームページはこちらからご覧いただけます

20150406-2.jpg

20150406-1.jpg

関連記事