ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150808

D3S_2163.jpg

_7528243.jpg


ぼくの家には冬にはサンタがやってくるし、運動会や音楽会にはトトロがやってくる不思議な家。

そして夏には「イルカのいっちゃん」が必ずやってくる。


「イルカのいっちゃん」は何者なのか・・・

それは海やプールで遊ぶ大きな浮き輪のようでイルカの形をしたおもちゃ。

でも毎年家に来るそいつはただのおもちゃなんかじゃなく、プールで存分に子供たちと遊んでくれたり、手紙をくれたり、時には水中カメラなんかもプレゼントしてくれる優しいイルカ。

毎年7月にやってきて、秋の訪れとともに南の海へ帰って行く。

カワタ家の夏には欠かせない仲間なのだ。


10歳のとおのも6歳のみなとも「イルカのいっちゃん」の存在を信じて疑わない。

だから子供たちからも「イルカのいっちゃん」に手紙を出す。
特に我が家は今年は1月に引っ越しをしたので、来る家を迷わないように新しい住所を記した手紙を書いていた。


手紙は「イルカのいっちゃん」の元に無事に届いたらしい。


「イルカのいっちゃん」は手紙を読みながら思う。

すごいなとおのちゃんは!もう去年までは話し言葉で書いていたのに敬語を書けるようになったのか

すごいなみなとちゃんは!!小学校に入って、ひらがなやカタカナを書けるようになったのか


そして感心した「イルカのいっちゃん」はすぐに返事を書く。

「イルカのいっちゃん」からの返信は無事子供たちの元へ届く。


「早くとおのちゃん、みなとちゃんの元に行きたいんだけど台風が来ていて、グアムから先に進めないんだ」

「でももうすぐふたりのところに行くね」

「今年もいっぱい泳いでいるところを見せてね」


たしかに「イルカのいっちゃん」からの手紙だ。消印もグアムって書いてあるし!


自宅のポストに届いた手紙を見た子供たちが大喜び。

「イルカのいっちゃん」からだ!!


とおのがみなとに手紙を読んで聞かせる。えらいえらい。

そしてふたりはそわそわ

「もうすぐいっちゃんが来るんだってよ!」


そして毎日学校から帰るとすぐに「イルカのいっちゃんいる?」なんて叫びながら家中を探し回る。


今日、ついにやってきた。

もう、サンタに出会ったかのように飛び上がって大喜び。

きょうは一緒に寝ようね!と布団の部屋に一緒に行ってしまった。


今年も「イルカのいっちゃん」と一緒にたくさんの思い出ができるだろう。

そして真っ黒になっていっちゃんを見送れたら最高だな。


でも実は「イルカのいっちゃん」、毎年のように空気が漏れて、今で3代目なのはここだけのヒミツ・・・


河田洋祐

ちなみに一番上の写真は3年前の「イルカのいっちゃん」。いっちゃんはいつでも若々しい。子供は大きくなったもんだ!

_DSC5677.jpg

_DSC5678.jpg

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。