ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20151113

20151031kh-207.jpg

20151031kh-416.jpg

20151031kh-242.jpg


20151031kh-204.jpg


20151031kh-105.jpg

20151031kh-74.jpg

20151031kh-171.jpg

20151031kh-356.jpg


こんにちは。
10月31日は、ハロウィンがありましたね。

街中が仮装した人々であふれかえったと、ニュースでも話題になっておりました。
ここ、ケープライトのアトリエのある苦楽園では、子どもたちのハロウィンが盛り上がっておりました!
その名も「苦楽園ハッピーハロウィン」。

苦楽園には、お花屋さん、お洋服屋さん、雑貨屋さん、ヘアーサロン、お菓子屋さん、カフェ、他にもたくさんの素敵なお店があるのですが、この日、そのお店の店員さんたちが子どもたちのためにお菓子を用意してくれていたんです。

子どもたちは、仮装して「トリック・オア・トリート!」の合言葉を言えばお菓子がもらえる、というイベントでした。

わたしは今回、そんな素敵なお店の方々と、可愛い子どもたちの仮装した姿を撮らせていただいてきました!


町に繰り出してびっくり、仮装が本格的すぎる…!

魔女やネコ、怪獣、妖精、お姫さま、ディズニーキャラクター、映画やゲームのキャラクター、などなど、自分の大好きなものの衣装で身をまとった子どもたちはとっても楽しそうで、より一層輝いていました!
お母さんと一緒にお店を訪ねて、一生懸命お菓子を集めていました(笑)。


そしてお店の店員さんも負けてはいません。

優しさはお菓子を用意することだけにとどまらず、自ら子どもたちを驚かせようと仮装にも力が入ります!
ホットドッグ、キョンシー、ドラキュラ、パイレーツオブカリビアン…などなど、ユーモアたっぷりの出で立ちで子どもたちを出迎えてくださっていました。


こうして、苦楽園ハッピーハロウィンは大盛況。

早々にお菓子がなくなってしまったというお店も続出しました。

秋は収穫の季節、その豊作を祝って悪霊を追い出すというのが本来のハロウィンだそうですね。
日本なのでそこまで厳密ではないですが(笑)、町と子どもたちが一体となった苦楽園のハッピーハロウィンは、本当に素敵でした。

これからも、街中のみんなで季節を感じ、祝い、発展していく街であってほしいです。


矢寺梨奈

苦楽園ハッピーハロウィンを主催した「苦楽園ストアーズミーティング」のホームページはこちらからご覧いただけます
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。