ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20160204

20151031nm-190.jpg

05950026.jpg



20151031nm-502.jpg

20151031nm-530.jpg

20151031nm-589.jpg

20151031nm-627.jpg

20151031nm-651.jpg

20151031nm-704.jpg

06040024.jpg

05990021.jpg

20151031nm-984.jpg

20151031nm-1081.jpg

20151031nm-1104.jpg

20151031nm-1430.jpg

20151031nm-1489.jpg


昨年秋に京都で撮影をさせていただいたヤスヒロさん、アイコさんの結婚式です。

和装に憧れていらっしゃったアイコさん、挙式は京都の下鴨神社を選ばれました。
朱色の楼門や糺の森、そこに流れる小川など、京都でも最も絵になる空間のひとつだと思います。

お仕度を整え、すっかり花婿花嫁姿になったおふたり、晴天の下下鴨神社へ移動します。

挙式が始まるまでの間、本殿から少し離れた建物に控室が用意させていて、そこでおふたりと親族の皆様の待ち時間。

この時間はあまり長いものではないけれど、挙式前ということもあり、みんな一番緊張する時です。
でもなぜか、おふたりも家族も親戚もみんなにこにこ。
おふたりの元に多くのゲストが集まって早速撮影大会になりました。
今から結婚式だ!という張り詰めた空気がなく、この優しい空気、素敵だなあと思いました。

挙式が始まる時間が近づきにみんな列になって神殿へ歩きます。このシーンだけはピンと張り詰めた緊張が走りました。
境内にいる参拝で来ている誰もが振り返る、オーラ漂う花嫁行列、たくさん写真に残しました。

挙式は残念ながらカメラマンが撮ることができないのですが、神殿から出てきたヤスヒロさんとアイコさんは控室にいるときと同じリラックスした表情。アイコさんのお父様も海外の観光客と談笑されていたり、すっかりみんな元の優しい笑顔に戻っていました。

FUNATSURUでのウェディングパーティーもやはり優しい雰囲気。

鏡開きの時は全員で「よいしょ、よいしょ!」と大きな声を掛け、無事に鏡が開かれると歓声に変わりました。
この日はハロウィーンということで、ヤスヒロさんアイコさんから率先して仮装をしたりと
職場の方もお友達も加わり、笑いの輪はさらに大きくなっていきました。

お開きの挨拶はヤスヒロさんのお父様とヤスヒロさんがマイクの前に立ちます。
その時も、みんな緊張するシーンだと思うのに、涙を浮かべつつとても良い笑顔をされていました。

ぼくはたくさんの結婚式に立ち会わさせてもらっていますが、この日ほど笑顔の写真を残せたことはなかった気がします。

おかげでぼくたちもずっと笑顔で撮影をさせていただきました。

ヤスヒロさん、アイコさん、ありがとうございました。


この結婚式のスライドショーはこちらからご覧いただけます


河田洋祐

20151031nm-1928.jpg




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。