ケープ・ライトのdiary

20080629

20080629-2.jpg


神戸・蘇州園でウェディングの撮影がありました。

今日の花嫁さん、実はぼくの10年来の友人であるオオツカさん。

20歳の頃に初めて会ってそれから長い時間が経って、この日素敵な花嫁さんになりました。

オオツカさんはフルート奏者。表現者だけあって自分の考えをしっかり持った女性だ。そんな彼女が一生のパートナーとして選んだのは心優しい2歳年上のススムさん。

2人の間を流れる空気は常に同調していて、まわりの人たちを巻き込んで幸福の渦が広がる。

きょうも本当にハッピーな一日になった。
その中でも心に残った2つの出来事について。

まず、挙式中のこと。

人前式は音楽家であるオオツカさんらしく親友のトランペット演奏でスタート。
そして式の後半、全員で「翼をください」の合唱が始まる。オルガンの演奏に合わせて60人もの大人数で歌う。親族のオッチャンもススムさんの友人も大きな声を出し、皆の歌声が会場の高い天井にこだまする。なんか、歌うって良いな。そう思う。その場にいる全員の気持ちが膨らんで大きなエネルギーになる。

オオツカさんのお母さまが手を叩き出して、それがアッという間に60人せの手拍子となる。すごい迫力だ。まるでゴスペルのライブを最前列で見ているよう。熱気に包まれた挙式はそんなふたりらしさ満載だった。

そんな式から続く披露宴も楽しさが山盛り。

だけど、おひらき前にサプライズが待っていた。
それはススムさんのオオツカさんへ向けてのピアノ演奏。この日のために3ヶ月間、毎週仕事後にレッスンに通っていたそうだ。もちろんオオツカさんには内緒で・・。

ススムさんがピアノに向かって会場は静かになった。そして、控えめなピアノの音が反響する。皆の視線はススムさんの手元へ。最初ぎこちなかった演奏はしかし優しい音色だ。ススムさんしか弾くことのできないモーツアルトだった。
曲が終わると全員スタンディングオベーション。最高のライブだし、最高のサプライズプレゼントだ。ここにいる何十人もがススムさんに泣かされた。

そんな「らしさ」満載の結婚式。ふたりもゲストも全員が楽しんだ結婚式。
ぼくにとっても、かけがえのない一日になりました。ありがとうございました!!

20080629-1.jpg


関連記事