ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20160630

s0215lo (925)

s0215lo (550)

s0215lo (559)

s0215lo (649)

s13750001.jpg


ここ3年ほどでロケーション撮影の依頼が目に見えて増えてきました。

結婚式までに前もってウェディングの衣装を着て撮影する、前撮りとも言われる写真です。

気に入った衣装を着て、気に入った場所で撮影する。結婚式当日ではないので雨の場合は延期にだってできる。

良いところはたくさんあります。


今回はケープ・ライトのロケーション撮影の魅力についてお伝えします。

まず、私達のロケーション撮影は決まったプランがないので、撮影場所をお客さまの好きなところに設定できます。

先日撮影させていただいたお客さまは、「お父様が長年大切に乗っていらっしゃるジープに乗って撮りた!」というご希望があり、能勢にあるご実家まで撮影に行ってきました。お父様にも喜んでいただけたし、思い出話を聞きながら小学校の頃の通学路やちかくの畑などでも撮影ができました。

また、小学校の同級生で、卒業後時間がたって再会・結婚まで進んだお客さまは、ふたりの思い出が詰まった小学校で撮影をしました。

その他、ふたりがよく通ったレストラン、プロポーズの場所・・・思い出も一緒に撮影するのがわたくしたちのスタイルです。


そして、もうひとつ。

おふたりに合った場所を提案できます。

海が好きなお客さまには、ビーチや港。自然が好きなお客さまには森の中。建築だ好きなお客さまには神戸の異人館・・・

おふたりにぴったりな場所を見つけます。

好きな場所は自然に空間と人がしっくりと溶け込みます。その場所におふたりが馴染んだ瞬間を見て写真を撮ります。


派手なポーズや流行りのアイテムがなくても、おふたりと、空間があれば良い写真を残すことができる。
そのように考えながらわたくしたちは二人らしさを大切にして、ロケーション撮影をおこなっています。


河田洋祐

s_0055721_20160630092307740.jpg



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。