ケープ・ライトのdiary

20160830

20160312sy-31.jpg

20160312sy-47.jpg

20160312sy-69.jpg

20160312sy-237.jpg

20160312sy-250.jpg

20160312sy-232.jpg


ぼくたちはよく、「魔法使いがいたらなあ」とか「あと3日間時間があればなあ」とか思います。

これは夏休みの宿題に限ったことではなく・・・

結婚式の準備のはなしです。

当たり前のことではあるのだけど、結婚式の日の朝になって、式場の準備が魔法でも掛けたように完璧に仕上がっていることなんてありません。

センス良く綺麗な装飾、手の込んだ料理、分単位で組まれたスケジュール・・

これはみんな結婚式に携わるプロフェッショナルが作りあげて完成をさせたものです。


それが普通のことです。ウェディングプランナーさんをはじめお花屋さんなど装飾担当の方が手際よく創り出して下さいます。

ただ思い入れを持った新郎新婦さまはご自身であらゆる準備を進めることもあります。


ようやく写真をじっくりと見ることができて、あたらめてふたりの情熱に感激をしたので、3月に撮影をさせていただいたカズヒロさん、アズサさんの結婚式のことをブログにしたいと思います。


おふたりが結婚式をする会場は和歌山県の紀伊山地の中にある「パラダイス・カフェ」。
熊野古道、中辺路を入って少し行ったところにあるこのカフェの魅力はそこに溢れる自然。

その自然の中で結婚式を挙げたいと考えたおふたり。
パラダイス・カフェさんは結婚式場ではありません。だからすべてイチから。自分たちで準備を進めなければなりませんでした。

花嫁さまはキャンドルアーティスト。
自らの周りにもものづくりを生業にしているアーティストさんがたくさんいらっしゃいました。

だから例えば挙式会場に使う大きなテントは和紙でできたオブジェ
手の込んだ大きなチョークアートを始め、パーティー会場の装飾なども自分たちで手がけました。

花婿カズヒロさんはバンドマンということで音響を担当。
当日のBGM選曲だってこだわりがいっぱいです。

「パラダイス・カフェ」さんの定休日は月曜から金曜です。

だから土曜に開催予定のウェディングパーティーに向けて5日間の準備期間を目一杯使いました。

ぼくたちがこの場所を訪れたのは結婚式前日の金曜日。

大きなテントオブジェは張られていましたが、そこから手直しの真っ最中。
カズヒロさん、アズサさんはもちろんのこと、花嫁アズサさんのご両親やプランナーさんまで総出で最終仕上げのまっただ中にありました。

少しずつテントを動かしたり、装花の準備を進めたり、パーティー会場の電飾を作り上げたり(これも相当スケールの大きなものでした)みんな黙々と作業を進めています。

ぼくたちはそんな人々に静かにシャッターを押します。

「ご苦労さまです。準備完成までもう少しですね」なんて心の中で語りかけながら・・・

3月の山の中は相当な寒さ。
みんなダウンを羽織ったり、カイロを忍ばせて準備を進めます。

そして完成させるべきことを少しずつクリア。美しい三日月を見て、明日の結婚式の成功を予感します。


短い夜が明けて結婚式当日。この日は喜ぶべき快晴。

カズヒロさんもアズサさんもプランナー中村さんもほんの少し眠そうな表情。

でも結婚式が始まるとみんなの表情は一変します。


美しく張られた和紙のテントに誓う挙式。スポットライトを浴びてふたりの顔はかがやきます。

パーティーの料理は取っておき。この土地で取れる食材を扱ったメニューやピザ、そして100人前はあとうかというパエリアにはオトナも子供も大喜びでした。

新郎カズヒロさん率いるバンドの生演奏もあって、はるばるここまで来た全員が楽しめる一日になりました。


ぼくたちは前日の準備風景から撮影をはじめました。

今思い返してもそのシーンを撮っておいてよかったと思います。


だって、この日当日だけを見たのなら、多くの方の苦労した準備風景もまるっきり見ることが出来なかったから。

結婚式前日からの参加でしたが、みんなの思い、苦労、そしてともに過ごした時間というのは決して結婚式の日には見ることができません。

でもそんな裏側の光景だって結婚式の一部だと思います。


そんなとことから写真に残すことができて良かった。

おふたりはこれから何年もたってこの準備のシーンを見返すことになると思います。

あまりに寒かったこと、思い通りにテントが張れなかったこと、電飾の準備が大変だったこと・・・

もしその時子供がいれば、これらのことを子に語ることでしょう。

「お父さんたちの結婚式、準備むっちゃ大変やった。でもな、良いもんやで、やっぱり結婚式って」 なんて

それがこの結婚式の良さだと思います。


表層のきらびやかさ、幸福感だけでなく、みんなで作り上げた一日だっということが伝わって欲しいと思いました。


そのためにぼくたちの写真はあります。

結婚式は一日ではありません。

当日以外の写真をぼくたちはしっかり残したいと考えています。


今回の結婚式を体験させていただいてぼく達は原点に戻ったかのように新鮮な気持ちになりました。
カズヒロさん、アズサさん、そしてウェディングプランナーの中村さん、、パラダイス・カフェの皆様、この結婚式に関わったすべての皆様、ありがとうございました!


河田洋祐

フリーランスプランナー中村さんのホームページはこちらからご覧いただけます

パラダイス・カフェのホームページはこちらからご覧いただけます

ケープ・ライトのホームページはこちらからご覧いただけます

20160312sy-839.jpg

20160312sy-899.jpg

20160312sy-1054.jpg

20160312sy-1231.jpg

20160312sy-1622.jpg

20160312sy-1468.jpg

20160312sy-1572.jpg

20160312sy-2064.jpg

20160312sy-2084.jpg

20160312sy-2682.jpg

20160312sy-2753.jpg
関連記事