ケープ・ライトのdiary

20080726

大阪、ウェスティンホテルでウェディングの撮影がありました。

きょうの主役、オオシマさんとエミさんは対照的な性格が見ていて面白い。

花婿、オオシマさんは優柔不断さで定評があるらしい。そして緊張しいだ。この日も朝、挙式前から落ち着かない様子。

「披露宴の最後に挨拶せんとだめなんですよ。それがね、緊張しますわ。」

花嫁エミさんは何事も瞬時に決める。その判断力が見ていて気持ち良い。そして緊張とは無縁の様子。挙式前、親戚の方から

「エミちゃん、緊張してる?」

「ううん。全然。」

「いや、あんた大物やなぁ!」

なんてやり取りがあって、この日エミさんへ向けられた言葉の中で「キレイ」「カワイイ」に次ぐ多いフレーズが「大物や」というものだった。

だけど僕は知っている。二人の中の大切な決断はオオシマさんがしていることを。
「これでええやん!」とビシッと言うオオシマさんはむっちゃ男前だ。

結婚式は二人らしい和気あいあいとした物だった。エミさんは笑顔が素敵で常にニコニコ。そんな表情を見るだけで皆が幸せになる。

二次会ではお互いに向けて手紙を読み合った。多くの友人が泣いて、披露宴では涙を見せなかったエミさんも泣いた。

99パーセントの笑いと1パーセントの涙が入り混じった素晴らしき結婚式。

オオシマさん、エミさんに出会えたこと感謝します。ありがとうございました!
関連記事