ケープ・ライトのdiary

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20180117

朝早く起きて仕事をしているとラジオから震災の話が聞こえてきました。
時刻は5時46分。

23年前の同じ時刻のことを思い出さずにはいられませんでした。

1995年1月17日。
大きな、遠慮の一切ない揺れ。というか家全体が巨人に揺さぶられているような感覚で目を覚ましました。
長い時間でした。

揺れが収まったあとはひたすら静か。
真冬にしては暖かい朝でした。

家族の叫び声を聞いて、大変なことが起こったんだと初めて知りました。


その日から、倒壊した家、瓦礫の山、サイレンの音、給水車に並ぶ列、粉塵・・
そういったものが身の回りの日常になりました。

震災直後はぼくも家族も、何も考えることもできなかったものが、親戚が長い距離を物資を持って歩いて来てくれて、勇気づけられたものです。
ひとひとりにはこんなに大きなチカラがあるんだと思いました。

多くの助けがあって、被災生活は少しずつ震災前の平穏さへ向かっていきました。
なにもかもが無茶苦茶になっていたのに、それがひとつずつ解決していく。
時間は掛かっても間違いなく生活は震災前のものに近づいて行きました。
ここでも人のチカラ。
決して投げ出さずに信じること、行動することの大切さを、その時は感じなかったけれど今思うと、多くの人の見えないチカラが復興へ向かわせたのだと感じます。



23年は感覚からするとあっという間。
でも実際は長い月日が経っています。
震災後先頭に立って家族を導いてくれた祖父はすでに他界し、祖母は90歳になりました。

ぼくの周りは震災を体験していない人が増えました。
(ちなみに今4人家族ですが、妻は福岡に住んでいたし、娘2人は当然生まれておらず、震災を経験しているのはぼくひとりです)


震災のことを伝えるのはぼくの仕事だと感じます。
それは、ただ単にその怖さを伝えることではなく、そこから復興へ向かった人のチカラ、強い意思・・そういうものを伝えなければいけないと考えます。

そして何かあったとき、ひとに勇気を与える存在になること。

それは震災にかぎらず日常においても・・・



1月17日は23年前を、そして自分自身を見直す日になっています。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。