ケープ・ライトのdiary

20080823

20080823.jpg


いつもミュージカルの撮影をさせていただいている、劇団・ショーカンパニーの東京公演の撮影に行ってきました。

旗揚げ以来20年、ずっと大阪を拠点に活動をしてきたショーカンパニーにとって初めての東京公演。悲願でした。

だから。いつも以上に心が伝わる芝居になりました。

セリフの。
ダンスの。
歌声の。

ひとつひとつが持てる以上の力を発揮して、その気持ちは満員の観客にも伝わって、会場全体がひとつになった素晴しい公演になりました。

ぼくの撮影場所は観客席の最前列。
ここからは役者の息遣い、紅潮した顔、潤んだ瞳。すべてを見ることが出来る。すべてを感じることができる特等席なのです。

ぼくの仕事は写真を撮ることではなく、眼の前で起きている事を感じること。

だから、体全体で眼の前のすべてを受け入れて夢中でシャッヤーを切ります。
関連記事