ケープ・ライトのdiary

20080914

20080913.jpg

9月も半分近く過ぎたこの日、結婚式の撮影がありました。
夏の間は結婚式を挙げるお客様自体が少なく、ケープ・ライトも長い夏休み期間がありました。

そんな休みが明けたこの日の撮影。
いつも以上に始まる前は緊張。だけど、1枚目のシャッターを切ってみると体に染み付いた記憶が蘇ってくる。

花婿、花嫁の舞い上がりっぷり。
友人たちの笑い声。
料理やアルコールの旨そうな匂い。

すべてが懐かしく感じる。体は無意識にカメラとともに会場内を駆け巡る。
やはりこの仕事は楽しい。気が付けば主役の二人にも、ゲストの誰にも負けないくらいのハイテンションで撮影した一日でした。

ああ、楽しかった。良い一日やった。と思って帰り道、いつも以上の筋肉痛。長い休みで体はナマリ気味。明日からは気を引き締めて行こうと考えながら夜空をながめると美しい満月。
そう、きょうは中秋。

関連記事