ケープ・ライトのdiary

20080928

31250024.jpg

結婚式は上質な映画に似ていて、その中には笑いや涙や感激が詰め込まれている。言ってみれば、今まで20年、30年の人生がこの一日に凝縮されている。

きょう撮影させていただいた結婚式は、家族に捧げる物語だった。

お二人の生い立ちのDVDから家族への手紙、二次会での兄弟のサポートなど、どのシーンも家族との絆を意識したものだった。

花婿、アリヨシさんはとてもシャイだ。披露宴などで自分がマイクを握った時、いつも言葉に詰まる。そして「もっと喋れっ!」って野次が飛ぶ。アリヨシさんは「何かコトバで言われへんねん。」ってつぶやく。

ぼくはその気持ちが良く分かる。伝えたい気持ちは山ほどあるけれど、うまく言葉に乗せられない。それはとても人間的だと思う。饒舌に並べられた言葉より、アリヨシさんのように少しずつ搾り出した言葉の方が、どれ程聴く人の心に届くことだろうか。

アリヨシさんにはお兄様がいて、そのお子様(3歳くらい)もとてもシャイだ。カメラを向けると決まって下を向いてしまう。なかなか良い表情を撮れなかったけど、帰り際にはお兄様家族の記念写真も撮ることができた。家族4人が少し照れながら写ったカットはとても良い写真になった。

花嫁、エミさんは、リーダーシップが強い。二次会のビンゴゲームでは会場を見事に仕切った。

そしてエミさんには心強い見方が二人いる。それは弟と妹。3人兄弟はいつも支えあって生きてきた。だからこの日、弟さんも妹さんも、最愛のお姉さんの晴れ姿を見てずっと泣いていた。お父様よりお母様より、誰よりも多く泣いていた。本当に嬉しかったのだと思う。このお二人は挙式から二次会まで、お姉さまを裏方でサポートし続けた。泣きながら笑いながら。最高のチームワークだった。

きょうは色々な人が主人公の上質な一日だった。それは全員がこの一日を祝福し、楽しんだ証だと思う。

ぼくはこんな結婚式に立ち会えて幸せだ。体を通して伝わってくる感激はいつまでも忘れられないものとなるだろう。

きょう一日出会うことができた全員に感謝します。ありがとうございました!

20080927.jpg

関連記事